10月26日(土)にムーニーバレー競馬場で行われるコックスプレート(G1)に出走予定のリスグラシュー号(牝5・栗東・矢作芳人厩舎)およびクルーガー号(牡7・栗東・高野友和厩舎)が、オーストラリアに到着した。

2019コーフィールドカップ(G1)日本馬がオーストラリアに到着

●出発・到着時刻
成田国際空港発
日本時間9月30日(月)21時31分

香港国際空港着
現地時間10月1日(火)1時02分(日本時間2時02分)

香港国際空港発
現地時間10月1日(火)2時24分(日本時間3時24分)

メルボルン国際空港着
現地時間10月1日(火)12時56分(日本時間11時56分)

ウェリビー競馬場着(検疫地)
現地時間10月1日(火)14時50分(日本時間13時50分)

●コックスプレート(G1・芝2040m)
○リスグラシュー号(牝5・栗東・矢作芳人厩舎)
岡勇策調教助手のコメント
「香港遠征と比べ輸送時間も長いため、心配なところもありましたが、予想していたより状態は良く、心配も必要なかったというぐらいです。まずは疲れを取り、環境に慣れさせることを優先し、その後状態を上げていきたいと思います」

○クルーガー号(牡7・栗東・高野友和厩舎)
小川洋平調教助手のコメント
「前回のオーストラリア遠征時より幾分体がスッキリした印象ですが、前回より出走間隔が短い分だと思います。輸送もスムーズで、飼葉も食べているので問題ありません。明日は様子をみて、乗り運動から開始する予定です」