みなさんこんにちは!日本もこちらロサンゼルスもまだまだ暑い夏は終わらない〜!2019年の夏を思いっきり楽しみましょう!

さて、僕が6月からの3ヶ月、アメリカはロサンゼルスを拠点に西海岸エリアを旅しながら生活している理由の一つが、個展を開催できるギャラリー探しです。この8月までに、LA、サンフランシスコ、アリゾナ、ネバダと渡り、累計60箇所以上訪ねました。ギャラリーオーナー、キュレーターへのインタビューを通して情報収集し、話の結びに自分の宣伝材料であるポートフォリオ資料を渡して戻る、ということをおよそ3ヶ月続けました。


無限と言って良いほど存在するギャラリースペース、今回の旅では「ハイエンドクラス」のギャラリーをあえてピックアップし、駆け出しの僕がいかに相手にされないかということを体験しにきました。ハイエンドクラスのギャラリーに選抜され、ショーを開催することが目標なので、まずはその世界観を学ぶという体当たり方式で動き回っています。高級ギャラリーの運営を拝見し、多くのものが見えてきました。ブティックブランドのように、エントランスにドアマン、受付には美女のレセプターを設えて入場させ、高い白壁に囲まれた空間でシャンパンが配給されます。レセプションパーティでは各界のセレブリティがアート作品を肴に会話や交流を楽しみ、然も金持ちであろう風貌のコレクターたちは数百万〜一千万を超える作品を吟味して次のアートコレクションを探しています。この光景にアメリカでアート活動を展開していくべき可能性を覚えて非常にワクワクさせられるわけです。もちろん、道のりは険しいのですが、全く可能性がないわけではないな、という自信もついてきています。


ハイエンドクラスのギャラリーの運営側には「日本から来たアーティストです。」と話を拓こうとすると「へぇ〜」という箸にも棒にもかからない状態が多いのですが、会場に来ている客人との会話、いわゆるロビー活動を大切にしています。客人との会話を広げて、ほんの少しでも印象に残してもらうアプローチをするわけです。僕のアピールが心に引っかかる人が現れたら、情報を渡す、連絡を取り合うという流れで人のネットワークを構築していきます。そのつながりからチャンスが生まれることも大いにあるのですね。


一方で、ハイエンドクラスのギャラリー以外にも足を運びました。高級ギャラリーとの違いを比較するとこれまた面白いんですね。ギャラリーによってコレクションする作品の傾向や国籍、体制がそれぞれあって非常に興味深いです。


そういったロビー活動を通して出会った人たちの中でエキサイティングな出会いがありました。ロサンゼルスを拠点に活動するアーティストのMel / メルさん。(https://www.melgreet.com/)。彼のコンセプチュアルでクオリティの高い作品たちは超イケイケです。(Mel Website)彼とロサンゼルスでグループ展を開催することを目標に動き出しました。こういった出会いを増やしながら、アメリカでのコミュニティをつくり、作品を披露していく機会を広げていきたいと思います。


ギャラリーに美術館、たくさんの場所に足を運びながら多くの作品と人に出会い、インスパイアとネットワークを広げられています。この出会いから始まる今後の活動の広がりが楽しみで仕方ありません〜!引き続き、あらゆるチャンスと発見を探して動き回りたいと思います!

Takayuki Matsumine (松嶺 貴幸)

1985年12月9日生まれ。岩手県雫石町出身。東北の豊かな自然が織りなす強烈な四季の中、 野生の動植物が嬉遊に生息する生命豊かな環境で生まれ、郷土民芸品の継承を担っていた祖父母の影響で「ものづくりに」の機会に恵まれた幼少期を過ごす。2001 年フリースタイルスキーの転倒 事故により頸椎を骨折、脊髄を損傷。2 年 8 ヶ月病院で治療から、自身の生命と向き合う機会を賜った。 生きる欲求と死への恐怖や苦悩が強烈に混ざり合い、本能の根底から「生」の価値観が湧き上がった。2013 年、単身で アメリカ合衆国カリフォルニア州ロサンゼルスに渡り、サンタモニカカレッジでインダストリアルアートに出逢うと、そのエンターテイメント文化に触発され、全く経験のなかったアートの世界に飛び込んだ。現在は、燃えたぎるものを外部に排出し、残像した脳の内部で起こるニューロン・スパークや神経蘇生への欲求、強烈に飛び出し続ける脳波など宇宙論を形成する量子を自身の作品に落とし込み、造形、イン スタレーション、テクノロジー&サイエンティフィック・フュージョンをはじめとする作品に、一刻一 刻発火し、更新される考察を吐き出している。

2018年4月   View from the Broken Neck  @SO1 Gallery

2018年11月   The Perfect Accident  @aiina Gallery

2019年5月   The Factors  @ガロウ Gallery