リオデジャネイロ五輪・陸上男子400mリレーで銀メダルを獲得したケンブリッジ飛鳥が8月22日、インスタグラムを更新。バトンを繋いだ飯塚翔太、山県亮太、桐生祥秀、金メダルのジャマイカ代表チームと肩を並べる写真を投稿し、声援を送ったファンへ感謝の言葉をつづった。

「ずっと目標にしてたオリンピックの舞台でメダルを取ることができました。」と報告するケンブリッジ。「最高の気分です!!」と喜びを表している。

「最高のライバルでチームメイト」とケンブリッジは、今大会でともに夢を叶えたメンバーを紹介。2020年東京五輪は個人種目でメダルを取ることが目標として、飯塚、山県、桐生ら良きライバルと切磋琢磨しながら目標へ向かいたいと意気込みを示した。

ファンからは、「何度見ても涙が出てくるぐらい素晴らしいレースでした!」「本当に素晴らしい走りでした!」「感動をありがとう!」「一番興奮したし一番感動しました!」「素晴らしいチームワーク!」「4年後も楽しみにしています!」などのコメントが寄せられていた。

【リオ2016】陸上・ケンブリッジ飛鳥「最高の気分!」…東京五輪は個人でのメダル目標に

【リオ2016】陸上・ケンブリッジ飛鳥「最高の気分!」…東京五輪は個人でのメダル目標に

【リオ2016】瀬戸大也&坂井聖人&寺本明日香も歓喜!…陸上男子400mリレーで銀メダル!(c) Getty Images

【リオ2016】瀬戸大也&坂井聖人&寺本明日香も歓喜!…陸上男子400mリレーで銀メダル!(c) Getty Images