個人戦での学生日本一を決める全日本学生体重別選手権(全日本学生)が開幕した。日本武道館が2020年の東京オリンピック開催に備えて改修されることになったため、今年は秋田県立武道館に全国の強者たちが集った。今大会でベスト8以上の成績を残すと、講道館杯体重別選手権(講道館杯)に出場するきっぷを手にすることができる。早大からは男子3名が出場。しかし、全国のかべは厚く、目標としていたベスト8進出には届かなかった。

 この日のオープニングゲームを飾ったのは90キロ級の高波勁佑副将(社4=富山・小杉)だ。「自分でも驚くほど緊張していた」と振り返る1回戦だが、大腰で一本勝ちを決めた。ここで勢いに乗った高波は冷静さを取り戻し、2回戦でも投げ技を決める。つづく3回戦の相手は明大の神鳥剛(4年)。勝てばベスト8進出が決まる大一番だ。神鳥に対して研究を続けてきた高波は、簡単に相手に投げさせない。しかし、「最後は自力の差が出て負けてしまった」と指導を3回取られてしまい、高波は3回戦敗退となった。同じく90キロ級で出場した空辰乃輔(スポ3=広島・崇徳)も得意の寝技や足技を見せ、2回戦まで順調に勝ち上がる。3回戦は東京都学生体重別選手権(東京学生)で敗れた杢康次郎(東海大、4年)。講道館杯出場をかけた戦いは空にとってのリベンジマッチとなった。空は序盤から相手に技を仕掛けていき、自分のペースで試合を進めていった。しかし、試合開始から1分26秒。一瞬の隙を突かれ、内股で一本負けを喫した。


2回戦、裏技で得点を決める空

 100キロ超級に臨んだ清水祐希(スポ3=愛知・大成)は初戦から優勝候補と名高い中野寛太(天理大、1年)との試合となった。清水は一回り大きな相手に対して「実際にそこまでの力の差を感じなかった」と言うように、引けを取らない。試合は4分間で決着がつかず、延長戦へ。最後は大内刈りで負けてしまったが、大学トップクラスの相手に自分の柔道ができたことは大きな収穫となった。


一回り大きな相手に向かっていく清水

 3選手にとってこの大会が今年の最後の個人戦となった。特に高波にとっては学生最後の個人戦だ。負けてしまったが、これまでの三年間は結果が出ず、4年生になり全日本学生初出場となった高波は「全日本学生の舞台に立てたことが感慨深い」と振り返った。一方の空は2年連続ベスト16という結果にふがいなさをあらわにした。今大会では各選手が自身の力を出し切ったが、結果につなげることができなかった。しかし、来月には全日本学生体重別優勝大会が控えている。体重無差別で戦った6月の全日本学生優勝大会のようにベスト8進出を目指す早大にとって、この3選手の活躍が必要不可欠だ。それぞれの思いを背負って今年度最後の団体戦でひと花咲かせたい。

(記事、写真 瀧上恵利)

結果

▽90kg級

高波勁佑副将(社4=富山・小杉) 3回戦敗退

空辰乃輔(スポ3=広島・崇徳) 3回戦敗退

▽100kg超級

清水祐希(スポ3=愛知・大成) 2回戦敗退

コメント

清水祐希(スポ3=愛知・大成)

――今大会はどのような目標で臨みましたか

大きな目標は講道館杯出場でそこに向けて頑張っていました。でもそれより一つでも多く勝てればいいかなという気持ちで臨んでいました。

――東京学生から何か調整した点はありますか

特にないですね。東京学生は結構いい出来だったと思っているので、そのまま自信を持って継続して練習していました。

――実際に相手と組んでみて感じたことはありますか

初戦の相手が優勝候補と言われていた相手だったのですが、臆することなく挑もうと思っていました。実際に組んでみたらそこまでの力の差を感じなかったので、負けてしまったのですが自分にとって自信がついたのでプラスになる試合でした。

――具体的にきょうの良かったと思うところはどのあたりですか

ゴールデンスコアまで粘り強く戦えたことと自分の持っている技をそれなりに出せたことですね。

――今年の個人戦全体を振り返っていかがですか

昨年はひざのけがの手術があって1試合も出場できていないので、3年生になって東京で勝ち上がって全国に出られたことが今年全体を振り返って良かったと思う点です。でも負けてしまっているので、来年はもっと勝ち上がりたいです。

――来年の目標は何ですか

まずは東京でベスト4に入って、全国で勝って講道館杯に出場することですね。

――来月に行われる団体戦への意気込みをお願いします

階級別の試合になるので、自分がチームを勝たせるんだという強い思いを持って臨みたいと思います。