1日の「チャイナ・オープン」(中国・北京/9月28日~10月6日/ハードコート)女子シングルス2回戦、第4シードの大坂なおみ(日本/日清食品)が予選勝者で世界82位(ランキングは9月30日付け)のアンドレア・ペトコビッチ(ドイツ)と対戦する。試合は、日本時間15時30分以降に開始予定。

大坂とペトコビッチは、今回が2度目の対戦となる。前回は2014年7月、ペトコビッチが世界18位、大坂が16歳の世界406位だった時にスタンフォード大会で対戦しており、その時は大坂がストレートで敗れている。

現在32歳のペトコビッチは、鍛え上げたフィジカルでとにかく粘り強く戦うのが身上というタイプ。2014年「全仏オープン」のセミファイナリストで、グランドスラムでは「ウィンブルドン」を除く3大会でベスト8以上に進出している。2011年10月には世界ランキング自己最高の9位を記録した。

ツアーで通算6度タイトルを獲得しているが、2016年以降は優勝から遠ざかっている。今大会のペトコビッチは、予選から勝ち上がってきた。

対する大坂は、今大会初戦をストレートで勝ち上がった。次戦のペトコビッチとは、前回の対戦から世界ランキングでは立場が逆転した。約5年ぶりの対戦でどのような試合展開を見せるか、注目される。

テニスデイリーでは、サイト上で試合速報を無料で行う予定だ。

(テニスデイリー編集部)

※写真は「チャイナ・オープン」での大坂(左)とペトコビッチ(右)

(Getty Images)