関東学生秋季リーグ(秋季リーグ)最終戦の相手は日大だった。ここで負ければ入れ替え戦となり、早大としては何としても勝たなければならないこの試合。しかし、選手の思いとは裏腹に試合は終始日大のペースで進められた。前半から日大に引き離され、早大は序盤から追う展開に。途中調子を取り戻し、後半を折り返す前に1点差まで詰め寄ることに成功。巻き返しを図る早大であったが、後半も早大の流れを作り出すことができない。最後まで健闘し同点まで持ち込んだが、残り1分でシュートを決められ22−23で試合は終了した。

 前半開始直後から早大のディフェンスは噛み合わない。先制点を2点も献上してしまうと、3回連続でゴールネットを揺らされる。2−5と日大に引き離され、早大はたまらずタイムアウト。直後にLB青沼健太(社2=千葉・昭和学院)が高い位置からのジャンプシュートを決めると、徐々に早大は得点が入り始める。気持ちを切り替え試合に臨む早大だが、ディフェンスは相変わらず相手オフェンスの動きに翻弄され止めきることができない。7−11となかなか点差は縮まらず、刻々と時間がすぎていき前半戦は残り10分に。しかし、ここでワセダセブンの底力が見られる。青沼が連続して相手ゴールにシュートをたたき込むと、ディフェンスもそれに呼応するかのごとく日大にシュートを打たせない。早大はその後の7mスローも決めきるとなんと1点差まで迫り切った。焦る日大のディフェンスがますます激しさをます中、主将としての意地を見せRW清原秀介(商4=東京・早実)が相手ゴールを揺らし同点に。最後、相手に7mスローを決められ逆転を許してしまったものの、なんとか日大に食らいつき12−13で前半を終えた。


シュートを狙う青沼

 なんとか逆転を狙う早大であったが、またも先制点を相手に献上すると早くも日大を追いかける展開に。後半もペースを掴みきれない早大は果敢にゴールに向かうが、日大ディフェンスは硬く連続得点を挙げ切れない。途中同点となるが、またも引き離され早大の応援席にも重苦しい空気が立ち込めた。しかし後半24分、この雰囲気を断ち切ったのは山田和直(スポ1=群馬・富岡)だった。センターから勢いのある速攻が決まりまたも日大と同点に。勢いをそのままに何としてもシュートを決めたい早大であったが、残り30秒で痛恨にもゴールネットを揺らされてしまう。試合終了間際に放ったシュートは時間切れとなり、日大に1点差で敗北。選手の思いは届くことなく秋季リーグ最終戦は22―23で終えることとなった。


同点打を放つ山田

 選手にとっても春季リーグでの借りを返したいところであったが、試合は選手の思う通りにはいかなかったようだ。「悔いが残る結果となってしまった」とGK羽諸大雅(スポ4=千葉・市川)はこう振り返った。序盤の立ち上がりが思うようにいかず、後半でも巻き返すことはできなかった場面はこの秋季リーグで何度も見られた。絶対に負けられない入れ替え戦まで残り2週間。4年生にとっては最後の秋季リーグは何としても有終の美で飾りたいところだ。ワセダセブンの意地が見られることに期待したい。

(記事 高橋さくら、写真 小松純也、栗林真子)


集合写真


理事長賞を受賞した佐藤綾花主務(商4=東京・早実)。チームや連盟への尽力をたたえられた

関東学生秋季リーグ
早大2212−13
10−10
23日大
GK 羽諸大雅(スポ4=千葉・市川)
LW 前田理玖(スポ3=福井・高志)
LB 青沼健太(社2=千葉・昭和学院)
CB 宮國義志(社4=沖縄・浦添)
PV 中村祐貴(スポ3=北海道・札幌西)
RB 山本慶(スポ3=長野・屋代)
RW 清原秀介(商4=東京・早実)
最終順位
早大日体大法大中大明大国士舘大筑波大日大東海大立教大
9位早大 24●31 23●24 24〇22 29△29 24●25 22●41 22●23 21●24
1位日体大31〇24 31〇26 27〇26 32〇25 37〇3022●29 31〇19 32〇23
2位法大24〇23 26●31 27〇24 26〇25 27△27 23●28 24〇17 32〇27
3位中大 22●2426●27 24●27 31〇22 29〇28 17〇14 27〇21 22〇15
4位明大 29△29 25●32 25●2622●31 24△24 26〇18 26〇1724〇20
5位国士舘大 25〇2430●37 27△27 28●2924△24 24〇23 29〇26 24●25
6位筑波大 41〇2229〇22 28〇23 14●17 18●26 23●24 26●27 31〇23
7位日大23〇22 19●31 17●24 21●27 17●26 26〇2927〇26 22〇20
8位東海大24〇21 23●32 27●32 15●22 20●24 25〇24 23●31 20●22
10位立大

※立大の登録不備により対立大戦はすべて参考試合となりました

コメント

GK羽諸大雅(スポ4=千葉・市川)

――きょうの試合を終えての率直な気持ちをお聞かせください

率直なところ、入れ替え戦という結果になってしまったので悔いが残る試合になってしまったかなというふうに思います。

―今回の試合のご自身のプレーを振り返ってみていかがですか

前半はあまり合わないなというふうに感じていたんですけど、後半は徐々に合ってきたので、全体的には60点ぐらいだったかなと思います。

――今回の試合の敗因はどこにあると思いますか

「守って速攻」で行こうという基本的戦略だったんですけど、その速攻があまり機能しなかったというところが要因なんじゃないかと思います。

――入れ替え戦となってしまった次戦ですか、意気込みをお願いします

春の入れ替え戦はふがいない結果をさらしてしまったんですけど、秋は1部(リーグ)としての矜持を見せつけたいなと思います。

山田和親(スポ1=群馬・富岡)

――お疲れ様でした。まずきょうの敗戦に一言お願いします

きょうは勝てば入れ替え戦を阻止できる試合だったので勝ちたかったんですけど、負けてしまってとても悔しいです。

――日大に対してどのような対策をしてきましたが

相手のエースがすごく力強いプレーをしてくるので、そこをしっかり守るという対策はしていました。

――1点を追いかける時間帯が多かったと思いますが、試合展開は振り返っていかがですか

前半の最初に点差を離されてしまったのですが、そこから追い上げていきました。後半で逆転する流れだったのですが、それがかみ合わなかったのが残念です。

――タイムアウト中はどのような話をされましたか

ディフェンスの確認やオフェンスで次にどう攻めるかの確認をしていました。

――途中出場となりましたが、どのような準備をしていましたか

スタメンで出ている選手が調子が悪いときや疲れてきたときに自分の番が回ってくるので、常に試合に出れる気持ちと体の準備をしていました。

――チームを盛り上げる得点もあったと思いますが、自身のプレーを振り返っていかがですか

マイナスなプレーはなかったんですけど、もう少し得点に絡むとか、もう少しチームに貢献できるプレーができればいいなと思います。

――入れ替え戦まで2週間ありますが、どのような準備をしていきますか

自分たちの力を発揮できれば勝てる相手だと思うので、しっかり2週間で調整して最高の状態で臨めるように準備していきたいと思います。