「楽天ジャパンオープン」(日本・ 東京/9月30日~10月6日/ハードコート)の大会初日、男子シングルス1回戦。ワイルドカード(主催者推薦枠)で出場の世界133位の添田豪(日本/GODAI)が、世界37位ヤン レナード・ストルフ(ドイツ)と対戦。添田が4‐6、7‐6(4)、6‐3で勝利し、同大会本戦初勝利を飾った。

リニューアルされた有明コロシアムでの本戦オープニングマッチとなったこの試合、立ち上がりは、今年好調でランキングを上げてきているストルフを相手に添田はチャンスを1本も作れず、第1セットを落とす。

それでも第2セットは第1ゲームのピンチをしのぐと、このセットだけで90%と高いファーストサーブポイント獲得率を記録し、タイブレークまで持ち込んで競り勝った。

そして迎えた第3セットではわずかなチャンスを2回とも活かし、勝利を掴んだ。

現在35歳の添田は、過去同大会の本戦に12回出場。予選での勝利は1度あったが、13回目にして嬉しい本戦初勝利となった。

オンコートインタビューで添田は、「信じられないですね。楽天OPの本戦で1回も勝ったことがなかったので。絶対に現役中に1勝するという目標がありました。今年はワイルドカードをいただいたので、必ずチャンスを掴もうと思ってプレーしました」と語っている。

その添田の2回戦の相手は、第1シードのノバク・ジョコビッチ(セルビア)対予選勝者のアレクセイ・ポプリン(オーストラリア)の勝った方となる。

添田は「新しい有明ではまだ1勝0敗なので、負けないように。次はどっちの選手が勝つか分からないですけれども、もしかしたらジョコビッチ選手かもしれないので。まだ分からないですけれども、こんなに素晴らしい機会はないのでテニス人生をかけて頑張りたいと思います」とも語った。

(テニスデイリー編集部)

※写真は「楽天ジャパンオープン」での添田