9月29日(日)東京六大学野球秋季リーグ戦 立大2回戦 @神宮球場

秋季リーグ戦開幕から未だ負けなしの状態で迎えた立大2回戦。先発を任された森田晃介(商2・慶應)が圧巻の投球を見せた。9回を投げ許した安打はわずか1本。自身初完封で慶大勝利を手繰り寄せた。打線では、慶大の主砲である正木智也(政2・慶應)と中村健人(環4・中京大中京)がともに左翼席への本塁打を放つ。投打が冴えわたった慶大は最高のかたちで開幕4連勝を飾った。

昨日の1点差での勝利から一夜明け、2連勝を目指す慶大先発は、東大2回戦で6回を無失点に抑える好投を見せた森田晃。初回を東大戦からの安定感そのままに3人に抑えたが2回表、4番・山田に中前安打を許しゴロなどで2死三塁のピンチを招く。しかし、続く金川の左翼線ファールグラウンドへの邪飛を三塁手・下山悠介(商1・慶應)がダイビングキャッチ。好守が飛び出しこの回を無失点で切り抜ける。

ファインプレーの下山を迎えるベンチの様子

この守備から流れを作った慶大は2回裏、先頭打者の正木が初球を左翼席へ運び貴重な先制点を挙げる。「先発が森田だったので、先制点が欲しいところ」と、慶應高校時代からともにプレーする森田晃を援護した。続く嶋田翔(環3・樹徳)も二安で出塁すると小原和樹(環4・盛岡三)の投犠打、瀬戸西純(政3・慶應)の捕ゴロで2死三塁に。しかし森田晃が空三振に倒れ、得点は1点のままこの回を終えた。

正木は本塁打を含む2安打の活躍で森田晃を盛り立てた。

その後、慶大の攻撃は毎回出塁を記録するもののあと一本が出ず、得点につなげることができない場面が続く。一方の立大打線も慶大先発・森田晃の安定した投球を前に完全に沈黙。スコアボードには0が並んでいく。

そんな硬直した試合展開が動いたのは8回裏。先頭打者の中村健が、この回マウンドに上がった立大のアンダースロー・中川から左越本塁打を放つ。森田晃の投球に「打撃も頑張ろうとなりました」と中村健の一本で点差を2点に広げ、試合を決定付けた。

今季初本塁打が飛び出た中村健

森田晃は最終回も落ち着いた様子でしっかりと3人に抑え、相手につけ入る隙を与えないままゲームセット。巧みな変化球を上手く使った配球で立大打線を完璧に封じ込めた。「コントロール良く投げられた」と言うように被安打1、与四死球1、9回9奪三振という完璧な投球内容。「記憶にある中では一番良いピッチングができた」と大仕事を成し遂げた勝利投手は振り返った。

立大との1点を争う緊迫した試合をものにし、勝ち点2を掴んだ慶大。今まで課題としてきた2回戦を完封勝利というこれ以上ないかたちでものにした。しかし、大久保監督が「ここから3カードが勝負」と話すように、リーグ優勝へ向けまだまだ正念場が続く。これから差し掛かる今季の佳境へ向け、接戦を制したこの立大戦は大きな意味を持つはずだ。

(記事:相川環 写真:小林歩、左近美月)