現在8勝で、リーグトップを走る大東大との一戦。第4クオーター(Q)、17点差から逆転の流れをつかみ点差を縮めたが、大東大も勝負強さを見せ逆転には届かず。6371で敗戦となった。

◆8・241114 第95回関東大学1部リーグ戦(駒沢体育館他)

▼9・29 対大東大1回戦(日体大世田谷体育館)

明大63112521161419171171大東大○

 スターターは、PG渡辺翔太(政経3=宇都宮工)、SG須藤昂矢(営4=桐光学園)、SG常田耕平(政経2=正智深谷)、PF植松義也(営3=桐光学園)、PF永田(政経3=盛岡南)。

 第4Q残り8分、17点ビハインドの展開から、渡辺の3Pシュートを皮切りに一気に流れに乗った明大。ディフェンスもさらに激しさを増し、相手のターンオーバーを誘発し点差をぐんぐん縮めていく。大東大もタイムアウトを使い、流れを切りに来るが明大の反撃は続き、C溝口月斗(国際2=東海大札幌)のシュートで8点差にまで追い上げた。しかし「あそこですべてが決まってしまった」(鍵冨善宏HC)。大東大の2発の3Pシュートがさく裂。逆転への希望は完全に摘まれてしまった。「点差を詰めている場面で詰め切ることができなかった」(溝口)。最後まで流れをつかむことができず、8点差で敗戦となった。

 現在首位の大東大とも好勝負を繰り広げ「今までどんな強いところでもいい試合をしてきた」(渡辺)。それでも「勝たなきゃ意味はない」(渡辺)。10試合やってつかんだのはたった一勝。次戦でリーグ前半戦も終わる。「もう『いい試合をしたね』では終われない」(鍵冨HC)。自動降格を避けるため、一勝でも多く挙げるため、勝利への執念を見せてほしい。

[田北俊介]

◆第95回関東大学1部リーグ戦星取表◆

東海大大東大専大筑波大青学大白鴎大日大早大神大明大日体大法大勝 敗順位
東海大

7勝3敗3
大東大

9勝1敗1
専大

7勝3敗4
筑波大

9勝1敗2
青学大


6勝3敗5
白鴎大


4勝5敗8
日大

5勝5敗6
早大

2勝8敗10
神大

2勝8敗11
明大

1勝9敗12
日体大

5勝5敗7
法大

2勝8敗9
10戦目終了時

試合後のコメント

鍵冨HC

――試合を振り返っていかがでしたか。

「相変わらずディフェンスは上手くできていました。義也(植松)と月斗(溝口)リバウンドを良く拾ってくれました。それでもゴール下の簡単なシュートを外してしまったり、一試合通してディフェンスの強度を保つことはできませんでした」

渡辺

――今までの試合を振り返ってみていかがですか。

 「今までずっと、強い相手でもいい試合をやってきて、それでも勝てませんでした。勝たなきゃ意味ないっていうのは。みんな自覚していかなきゃいけなくて、もっと一勝にこだわらないとダメです。勝たないと楽しくないですし」

――法大戦への意気込みをお願いします。

 「相手の大きいガードが点を取ったり、アシストしたり起点になってくると思います。そこを自分が激しく当たっていきたいです」

溝口

――法大戦への意気込みをお願いします。

 「法政は勝たなきゃいけない相手なので、この一週間自分たちのやること見直して、いい形でリーグ一週目を終えられたらと思います」