TEAM
立 大
慶 大
(慶)○森田晃―郡司
◇(二塁打)柳町、小原(本塁打)正木1号ソロ(2回)、中村健1号ソロ(8回)

 開幕から3連勝と波に乗る慶大。今季2つ目の勝ち点を狙うべく、立大との2回戦に臨んだ。慶大は2回に正木智也(2年)のソロ本塁打で先制点を奪うが、その後は好機を生かし切れず、僅差のまま試合は進む。このまま見せ場はないかと思われたが8回、中村健人(4年)がソロ本塁打を放ち貴重な追加点を奪った。投げては森田晃介(2年)が少ない球数で危なげなく立大打線を封じ込める。2-0で完封勝利を収め、見事に勝ち点を獲得した。

 試合が動いたのは2回、正木の打席。力強いスイングが捉えた初球は、低弾道のライナーで左翼スタンドに突き刺さった。一塁側・慶大応援席はさらなる盛り上がりを見せるが、その後はなかなか好機を生かし切れない。あと一本が出ず、得点圏での残塁が目立った。7回、一塁側応援席から『若き血』が高らかに響き渡ると、小原和樹(4年)が意地を見せ二塁打で出塁。流れをつかみかけたかに思われたが、続く瀬戸西純(3年)の試みた犠打は相手一塁手の猛プッシュに阻まれ、攻撃の芽を摘まれる。しかし8回。相手投手が中川颯(3年)に交代し、ここまで無安打で迎えた中村健の第4打席。2ボール2ストライクに追い込まれてからの5球目。内角高めを力強く振り切り、今季初となるソロ本塁打を左翼スタンド中段に放り込んだ。


中村健の一発で勝負を決めた

 守っては、先週の東大2回戦でも好投した森田晃が躍動する。2回に先頭の山田健太(1年)に中前打を許し、2死三塁の場面を迎えるも味方三塁手の好守にも助けられ、ここを切り抜けた。続く3回も先制点に沸き上がるスタンドを味方につけ、先頭打者を3球三振に仕留めると、ここから流れを完全にものにした。その後も立大打線を全く寄せ付けない。140キロ台中盤の直球にキレのあるスライダーやカットボールを制球良く織り交ぜる。9つの三振を奪うなど、わずか98球で完封勝利を飾った。


快投を見せた森田晃(右)と巧みなリードで支えた郡司裕也主将(4年)

 何といってもこの試合で注目を集めたのは、東京六大学リーグ戦(リーグ戦)初完封を果たした森田晃だろう。圧倒的な投球で立大打線を封じ込め、観客を魅了した。一方、東大戦では2戦とも2桁得点を挙げた慶大打線。前日の立大1回戦でも好投手相手に4得点を挙げるなどその実力は十分だ。2週間に控えた、勝ち点2で並ぶ法大とのカード。攻守ともに力のある難敵だ。いかに打線が機能し投手陣を支えられるかが勝敗の鍵となる。バランスの取れた投打を発揮すれば、3季ぶりのリーグ戦制覇がより確実なものとなるはずだ。

(記事 高鳥希実、写真 土生諒子、桶本岳)