FIAヨーロッパラリー選手権第7戦キプロスラリー(グラベル)は競技初日となる9月28日のレグ1、キプロス島のニコシア南部に設定された6SSの走行を終え、カタールのナッサー・アル−アティヤ(フォルクスワーゲン)が首位に立った。過去、キプロスを5回制しているアル−アティヤが、記録更新となる6回目の勝利に向けて順調な滑り出しを見せた。

アル−アティヤは、午前のループ3本をすべてベストタイムで並べると、30秒近くの差をつけて日中サービスを迎えた。ギヤのリンケージピンが落ちるトラブルを抱えていたが、これが唯一の懸念点。午後になると、2018年ERCチャンピオンのアレクセイ・ルキヤナク(シトロエン)に反撃を受けるものの、25.4秒のマージンを保ってこの日を終えた。
「いい一日だった。SS5はとてもハードでタフだったから、一切リスクを負わなかった。それでも、いいスピードは維持できた。ここでルキヤナクに詰められたのは3秒だけだったし、いいリードを築いてとても満足だよ。明日も長い一日が待っているけれどね」とアル−アティヤ。

一方、激化しているERCタイトル争いでは、この日2番手のルキヤナクに対し、選手権リーダーのクリス・イングラム(シュコダ)は4番手で続いているが、ルキヤナクとは2分以上の差が開いている。キプロス戦のスタートを前に、選手権首位のイングラムと2番手のルキヤナクはわずか1ポイント差。イングラムは、前戦でわずか0.3秒でERC1ジュニアタイトルを逃し、キプロス戦はクラウドファンディングで資金を募って参戦を果たしたが、厳しい滑り出しとなっている。なお、ルキヤナクはレグ1の順位によりボーナスポイント6を獲得、イングラムは4を獲得している。







また今戦では、ミッコ・ヒルボネンがフォード・フィエスタR5で「楽しむため」にワンオフ参戦。ERCへの参戦は実に2002年以来とのことだ。ロングステージではオーバーヒートによるブレーキフェードの不安を抱えながらも、ほぼトラブルフリーで走り切り、初日を6番手で折り返している。




ERC2はペトロス・パンテリ(三菱ランサーエボリューションX)、ERC3はエフレン・ラレーナ(プジョー208R2)がトップに立っている。







競技最終日となるレグ2は、6SS・105.62kmが設定されている。

ERCキプロス 暫定結果(レグ1終了時点)
1. N.アル‐アティヤ(フォルクスワーゲン・ポロGTI R5) 1:16:29.5
2. A.ルキヤナク(シトロエンC3 R5) +25.4s
3. S.ガラタリオティス(シュコダ・ファビアR5) +2:11.1
4. C.イングラム(シュコダ・ファビアR5) +2:35.3
5. L.ハバイ(シュコダ・ファビアR5) +2:44.7
6. M.ヒルボネン(フォード・フィエスタR5) +2:59.1
7. A.フォン・ターン・アンド・タクシス(シュコダ・ファビアR5) +3:57.5
8. A.アル-クワリ(シュコダ・ファビアR5) +4:33.3