9月28日(土)東京六大学野球秋季リーグ戦 立大1回戦 @神宮球場​

逆転の適時二塁打を放った嶋田

あと一歩で優勝を逃した春季リーグ戦の悔しさを晴らすべく秋季リーグ戦に臨む慶大は、前カードの東大戦で勝ち点1を獲得した勢いそのままに、難敵・立大と対戦。慶大は強力な立大打線を前に、一時はリードを許す。しかし、6回表に相手の絶対的エース・田中誠也から、打線の軸となる郡司裕也(環4・仙台育英)が同点適時打、そして嶋田翔(環3・樹徳)が勝ち越し適時打を放ち逆転。投げては、盤石の投手陣が粘り強い投球で最少失点に留め、カードの初戦に勝利した。

9月下旬とは思えぬ高い気温の中、幕を開けた慶立1回戦。初回は慶大・髙橋佑樹(環4・川越東)と立大・田中誠の両エースが抜群の立ち上がりを見せ、両チーム三人で攻撃を終えた。

主導権を握ったのは慶大。2回表、4番・郡司の内野安打をきっかけに、5番・正木智也(政2・慶應)が死球、6番・中村健人(環4・中京大中京)が左前安打でチャンスを広げ無死満塁とする。1死満塁となった後、8番・瀬戸西純(政3・慶應)の二ゴロの間に郡司が生還。さらに、二塁手からの送球を受けた立大の遊撃手が一塁へ悪送球する間に二塁走者の正木も生還。相手のミスにつけこんで幸先よく2点を先制した。

立大の一巡目を無安打で抑える好投を見せていた髙橋佑だったが、4回裏に捕まる。先頭・宮崎仁に甘く入った直球を左翼席へ運ばれると、1死後、3番・太田には今度は変化球を捕らえられて同じく左翼席へ、試合は振り出しとなった。立大の猛攻は終わらない。山田、江藤の連打で勝ち越しを許し2-3とされた。さらにピンチは続き、2死一、二塁となったところで慶大ベンチが動いた。髙橋佑に代わり、東大戦で完璧な投球を見せた津留﨑大成(商4・慶應)がマウンドに上がる。津留﨑はこのピンチで8番・藤野を遊ゴロに抑え、最少失点で切り抜けた。

すると6回表、田中誠の気迫溢れる投球を前に3回表以降抑え込まれていた慶大は、先頭・柳町が右中間への二塁打で出塁。このチャンスに、主砲・郡司が左翼線への適時二塁打で続き、同点に追いつく。その後2死二塁となって、打席には7番の嶋田。アウトコースの変化球を逆らわずに逆方向へ運び、右越適時二塁打を放ち、勝ち越しに成功した。

頼れる主砲が今日は猛打賞を記録した

その裏、マウンドに上がったのは、ルーキーながら安定感ある投球でチームを支える左腕・増居翔太(総1・彦根東)。この日は代わり端を捕らえられ、2安打と四球で2死満塁のピンチを招いたものの、代打・村山直を右飛に抑え、無失点で切り抜ける。

ピンチの場面を切り抜けた増居を迎えるベンチ

続く7回裏、失策と犠打で1死二塁のピンチを招き、立大のクリーンアップを迎えたところで増居から髙橋亮吾(総4・慶應湘南藤沢)へと継投。代わった初球を太田に強烈な当たりで弾き返されるものの、遊撃手・瀬戸西が大ファインプレーを見せ、得点を許さない。バックの守りにも支えられた髙橋亮は、威力ある直球を武器にその後のピンチも抑えると、続く8回裏も相手打線を3人で切ってとり、慶大1点リードのまま最終回を迎える。

髙橋亮をはじめ、中継ぎ陣が今季は盤石だ

最終回、マウンドに上がったのは石井雄也(商4・慶應志木)。1死から四球で出塁を許し、走者を三塁まで進めてしまう。ここで迎えるのは、第2打席に本塁打を放っている太田。立大の応援席は盛り上がり、球場のボルテージは最高潮に。慶大の応援席が固唾をのんで見守る中、石井はキレのある直球と変化球を冷静に低めに集め、見三振で試合を締めた。

緊迫した接戦をものにし、開幕3連勝とした慶大。相手打線に集中打を浴びて一時は劣勢になりながらも、相手エースを打ち崩してもぎ取った白星は、非常に価値あるものと言えよう。粘り強く投げられる投手陣、今日もファインプレーを見せた二遊間を中心とした堅い守り、そしてワンチャンスをものにする勝負強い打線は間違いなく春季リーグ戦よりもレベルアップしている。苦しみながら勝利を手にした今日の試合を踏み台にして、慶大野球部はさらなる高みへ、そして優勝へと向かうはずだ。

(記事:長谷川健太 写真:堀内大生、小林歩)