厳選!2歳馬情報局(2019年版)
第19回:ディアスティマ

 今週の中山・阪神開催が終わると、来週からは東京・京都開催がスタート。GIシリーズも本格化し、競馬シーズン真っ盛りとなる。

 同時に2歳戦線も盛り上がりを増して、話題の良血馬、素質馬が続々とデビューを迎える。その中には、アメリカでGIを3勝した名牝の子もいる。

 栗東トレセンの高野友和厩舎に所属するディアスティマ(牡2歳/父ディープインパクト)である。



デビュー間近の良血馬、ディアスティマ

 同馬の母こそ、デビューから2連勝でGIスピナウェイS(アメリカ・ダート1400m)を制した名牝スウィートリーズン。以降もGI戦線で活躍し、3歳時には、GIエイコーンS(アメリカ・ダート1600m)とGIテストS(アメリカ・ダート1400m)で勝利を飾った。

 4歳になって故障し、引退を余儀なくなれるも、GI通算3勝という実績を残した牝馬である。母としての期待が膨らむのは当然で、繁殖牝馬のセリ市に上場されると、ノーザンファーム代表の吉田勝己氏が落札。日本で繁殖生活を送ることになった。

 そして、日本で生まれた初子がディアスティマである。父はリーディング種牡馬のディープインパクト。デビュー前から注目度が高いのも、納得の良血馬だ。

 ディアスティマは、すでに栗東トレセンに入厩。高野厩舎で順調に調教を積んでいる。ここまでの調整過程について、関西競馬専門紙のトラックマンはこう語る。

「ディアスティマは、夏前に一度入厩したものの、もう少し馬体の成長を促したいという調教師の意向で、一旦放牧に出されました。その後、再び入厩すると、『体はしっかりしてきた』とのこと。『すばらしい馬体の持ち主で乗り味もいい』というのが、スタッフの評価です」

 デビュー戦は、10月5日の2歳新馬(京都・芝1800m)を予定。鞍上は、北村友一騎手が務める見込みだ。

 なお、初陣に向けた調教の感触については、陣営からこんなコメントが聞こえてくるという。先述のトラックマンが続ける。

「全体的にまだピリッとくるところがなく、調教にまたがった北村騎手も、『もうひとつ上のギアが出てこない』と話していますね。ただ、追い切りのあとも息は乱れておらず、心肺機能の高さは感じている様子。まだ馬が本気で走っていない可能性もあり、これから良化する余地は十分あるでしょう」

 父と母の実績を考えれば、素質の高さは疑いようがない。現状の動きが今ひとつであっても、デビュー直前の最終追い、あるいはレース本番を迎えて、同馬が秘めている闘争心に火がつくかもしれない。

 その走りがどれほどのものか。今から楽しみでならない。