TEAM
慶 大
立 大
(慶)髙橋佑、○津留﨑、増居、髙橋亮、石井―郡司
◇(二塁打)柳町、郡司、嶋田

 先週の東大戦に連勝し、快調なスタートを切った慶大。立大との1回戦は、両者粘り合う白熱した試合となった。慶大は2回に早くも2点を先制したものの、その後本塁打2本を含む集中攻撃を浴び、3点を奪われ逆転を許す。しかし6回、4番・郡司裕也主将(4年)や嶋田翔(3年)の適時二塁打で2点を加え、勝ち越しに成功。立大も終始粘りの攻撃を見せたが、救援陣が振り切り見事接戦を制した。


勝ち越しの適時二塁打を放った嶋田

 打線は2回。2本の安打と死球で1死満塁の好機をつくると、瀬戸西純(3年)の二ゴロの間に三塁走者がかえり先制。さらに併殺を試みた相手遊撃手が一塁へ暴投。この間にもう1人が生還し、2点を先取した。先発の髙橋祐樹(4年)も3回を打者9人で抑え、順調な滑り出しだと思われたが4回。立大打線につかまった。先頭の宮﨑仁斗(1年)と3番・太田英毅(2年)に、それぞれ左越え本塁打を浴び、試合は振り出しに。次打者に二塁打を許すと、その後暴投も絡み1死三塁。さらにピンチを招いた。すると5番・江藤勇治(4年)に中前へと運ばれ、逆転を許す。髙橋佑に代わってマウンドに上がった津留﨑大成(4年)がわずか1球で火消しに成功したが、1点のビハインドを背負ったまま試合を折り返した。

 反撃の機会をうかがう慶大。6回、ついにその時が訪れた。この回先頭の柳町達副将(4年)が右中間を破る二塁打で出塁すると、続く郡司が左翼線を破る適時二塁打を放ち、たちまち同点に。その後あっさり2死となったが、慶大応援席は総立ちで声援を送る。すると7番・嶋田に右翼フェンス直撃の一打が飛び出す。郡司が生還し勝ち越しに成功した。 ところが終盤、守りでは得点圏に走者を置く場面が続く。7回には窮地でマウンドを託された3番手・髙橋亮吾(4年)が2死一、三塁のピンチを背負うも、見逃し三振に抑えガッツポーズ。さらに土壇場の9回、抑えを任された石井雄也(4年)も2死三塁という一打同点のピンチを招いた。それでも緊迫した状況の中、最後の打者を力強い直球で見逃し三振に切って取る。試合終了の瞬間、つい先ほどまでの緊張を押し返すように、神宮球場は一気に沸き上がった。


最終回のピンチを切り抜け、喜びをあらわにする石井

 好投手相手に数少ない好機を確実にものにした攻撃陣。終始ピンチを背負いながらも、要所を締め最少失点で逃げ切った投手陣。先週同様、バランスの取れた投打で開幕3連勝を飾った。また、攻守に磨きがかかった主将・郡司からも目が離せない。逆転の引き金となった同点打に加え、2つの盗塁企図を阻止したスローイング。主将の活躍がチームに勢いを与えている。2回戦も勝利し勝ち点を奪えば、法大と並び賜杯争いの先陣に躍り出る。王座奪還を目指すべく、負けられない戦いが続く。

(記事 後藤泉稀、写真 小栗智晴、吉田美結)