9月28日(土)東京六大学野球秋季リーグ戦 立大1回戦 @神宮球場


逆転の適時二塁打を放った嶋田

あと一歩で優勝を逃した春季リーグ戦の悔しさを晴らすべく秋季リーグ戦に臨む慶大は、前カードの東大戦で勝ち点1を獲得した勢いそのままに、難敵・立大と対戦。慶大は強力な立大打線を前に、一時はリードを許す。しかし、6回表に相手の絶対的エース・田中誠也から、打線の軸となる郡司裕也(環4・仙台育英)が同点適時打、そして嶋田翔(環3・樹徳)が勝ち越し適時打を放ち逆転。投げては、盤石の投手陣が粘り強い投球で最少失点に留め、カードの初戦に勝利した。

 123456789計

慶大0200020004
立大0003000003

慶大バッテリー:高橋佑、○津留﨑、増居、高橋亮、石井ー郡司

立大バッテリー:●田中誠、中﨑ー藤野

立大本塁打:宮﨑仁1号ソロ(4回)、太田1号ソロ(4回)

◆慶大出場選手

 ポジション選手名(学部学年・出身高校)

1[5]下山悠介(商1・慶應)
2[4]小原和樹(環4・盛岡三)
3[8]7柳町達(商4・慶應)
4[2]郡司裕也(環4・仙台育英)
5[7]正木智也(政2・慶應)
H8渡部遼人(環2・桐光学園)
6[9]中村健人(環4・中京大中京)
7[3]嶋田翔(環3・樹徳)
8[6]瀬戸西純(政3・慶應)
9[1]髙橋佑樹(環4・川越東)
津留﨑大成(商4・慶應)
若林将平(環2・履正社)
増居翔太(総1・彦根東)
髙橋亮吾(総4・慶應湘南藤沢)
橋本典之(環2・出雲)
石井雄也(商4・慶應志木)

9月下旬とは思えぬ高い気温の中、幕を開けた慶立1回戦。初回は慶大・髙橋佑樹(環4・川越東)と立大・田中誠の両エースが抜群の立ち上がりを見せ、両チーム三人で攻撃を終えた。

主導権を握ったのは慶大。2回表、4番・郡司の内野安打をきっかけに、5番・正木智也(政2・慶應)が死球、6番・中村健人(環4・中京大中京)が左前安打でチャンスを広げ無死満塁とする。1死満塁となった後、8番・瀬戸西純(政3・慶應)の二ゴロの間に郡司が生還。さらに、二塁手からの送球を受けた立大の遊撃手が一塁へ悪送球する間に二塁走者の正木も生還。相手のミスにつけこんで幸先よく2点を先制した。

立大の一巡目を無安打で抑える好投を見せていた髙橋佑だったが、4回裏に捕まる。先頭・宮﨑仁に甘く入った直球を左翼席へ運ばれると、1死後、3番・太田には今度は変化球を捕らえられて同じく左翼席へ、試合は振り出しとなった。立大の猛攻は終わらない。山田、江藤の連打で勝ち越しを許し2―3とされた。さらにピンチは続き、2死一、二塁となったところで慶大ベンチが動いた。髙橋佑に代わり、東大戦で完璧な投球を見せた津留﨑大成(商4・慶應)がマウンドに上がる。津留﨑はこのピンチで8番・藤野を遊ゴロに抑え、最少失点で切り抜けた。

すると6回表、田中誠の気迫溢れる投球を前に3回表以降抑え込まれていた慶大は、先頭・柳町が右中間への二塁打で出塁。このチャンスに、主砲・郡司が左翼線への適時二塁打で続き、同点に追いつく。その後2死二塁となって、打席には7番の嶋田。アウトコースの変化球を逆らわずに逆方向へ運び、右越適時二塁打を放ち、勝ち越しに成功した。


頼れる主砲が今日は猛打賞を記録した

その裏、マウンドに上がったのは、ルーキーながら安定感ある投球でチームを支える左腕・増居翔太(総1・彦根東)。この日は代わり端を捕らえられ、2安打と四球で2死満塁のピンチを招いたものの、代打・村山直を右飛に抑え、無失点で切り抜ける。


ピンチの場面を切り抜けた増居を迎えるベンチ

続く7回裏、失策と犠打で1死二塁のピンチを招き、立大のクリーンアップを迎えたところで増居から髙橋亮吾(総4・慶應湘南藤沢)へと継投。代わった初球を太田に強烈な当たりで弾き返されるものの、遊撃手・瀬戸西が大ファインプレーを見せ、得点を許さない。バックの守りにも支えられた髙橋亮は、威力ある直球を武器にその後のピンチも抑えると、続く8回裏も相手打線を3人で切ってとり、慶大1点リードのまま最終回を迎える。


髙橋亮をはじめ、中継ぎ陣が今季は盤石だ

最終回、マウンドに上がったのは石井雄也(商4・慶應志木)。1死から四球で出塁を許し、走者を三塁まで進めてしまう。ここで迎えるのは、第2打席に本塁打を放っている太田。立大の応援席は盛り上がり、球場のボルテージは最高潮に。慶大の応援席が固唾をのんで見守る中、石井はキレのある直球と変化球を冷静に低めに集め、見三振で試合を締めた。

緊迫した接戦をものにし、開幕3連勝とした慶大。相手打線に集中打を浴びて一時は劣勢になりながらも、相手エースを打ち崩してもぎ取った白星は、非常に価値あるものと言えよう。粘り強く投げられる投手陣、今日もファインプレーを見せた二遊間を中心とした堅い守り、そしてワンチャンスをものにする勝負強い打線は間違いなく春季リーグ戦よりもレベルアップしている。苦しみながら勝利を手にした今日の試合を踏み台にして、慶大野球部はさらなる高みへ、そして優勝へと向かうはずだ。

(記事:長谷川健太 写真:堀内大生、小林歩)

◆打撃成績

   123456789

1[5]下山空三振空三振遊安中飛空三振
2[4]小原遊ゴロ中飛遊ゴロ一邪飛二ゴロ
3[8]7柳町空三振一ゴロ右中2空三振
4[2]郡司遊安中飛左2①中安
5[7]正木死球中飛三ゴロ
H8渡部遼捕犠打
6[9]中村健左安三安空三振三ゴロ
7[3]嶋田見三振投ゴロ右2①右飛
8[6]瀬戸西二ゴロ①左飛四球空三振
9[1]髙橋佑三ゴロ
1津留﨑空三振
H若林空三振
1増居
1髙橋亮
H橋本典右安
1石井

◆投手成績

 投球回数打者数球数安打三振四死球失点自責

髙橋佑3 2/3166652133
○津留﨑1 1/351912000
増居1 1/382821100
髙橋亮1 2/362901200
石井141902100

◆監督・選手コメント

大久保秀昭監督

――今日の試合を振り返って

 相手のミスにつけ込んで先制しながらも、連打で逆転を許した。非常に苦しい試合でした。

――投手陣は粘って投げたように思えるが

郡司が盗塁を刺したり、二遊間が堅い守りを見せてくれたことでリズムを掴み、投手陣も粘り強く投げてくれました。

――主砲の郡司選手が打撃で貢献しました

郡司、柳町は常にチームの主軸として期待しています。期待に応える働きをしてくれてよかったです。

――相手エース・田中誠也選手を打ち崩しました

全員が献身的に攻守でプレーすることで繋がりが生まれ、打つことができたと思います。

――明日に向けて意気込みをお願いします

また頑張ります。

郡司裕也主将(環4・仙台育英)

――今日の試合を振り返って

こう言う試合ができるのは今のうちの強さだと思うので、勝ててよかったです。

――6回にはタイムリーツーベースもありましたが、打撃の調子はどうですか

今日を機に、上り調子になって欲しいです。

――多くの投手が登板しましたが、投手陣の状態はいかがですか

状態が決して全員いいとは言えないですが、ランナーを出しながらも後ろのピッチャー陣が抑えてくれたので、粘りは素晴らしいものがあったと思います。

――明日の立大2回戦のポイントは

今日は打線や守備に助けられたので、明日はバッテリーを中心に勝ちたいと思います。

――ラストシーズンの意気込み

勝ち点5の完全優勝を狙っているので、頑張ります。

柳町達副将(商4・慶應)

――今日の試合を振り返って

1点差のゲームで、ピンチとかをしっかりしのいで勝てたのは良かったと思います。

――6回表に二塁打を打ちましたが、その時はどういう意識で打席に立ちましたか

1点ビハインドで、塁に出てやろうという思いで打席に立っていました。

――そこから打線がつながりました

後ろが塁に出れば結構何とかしてくれるやつなので、打線がつながって良かったなと思います。

――秋季リーグが始まって戦ってきた三回戦で、夏の練習の成果は発揮できましたか

100%出せているというわけではないと思いますが、相手がいることなのでまずまずかなとは思いますね。

――明日の2回戦に向けての対策は

先発ピッチャーが誰が来ても大丈夫なようにしっかり対策していきたいと思います。

――明日に向けての意気込みをお願いします

今日良いかたちで勝てたので、明日もしっかり勝って二連勝で勝ち点を取れるように頑張っていきたいと思います。

髙橋亮吾(総4・慶應湘南藤沢)

――今日の試合を振り返って

うちのエースと相手のエースの投げ合いになるかなと思いきや、意外とバタバタとつなぐ試合になったんですけど、誰も集中が切れていなかったので、僕も瀬戸西の守備に助けられましたけど、全員が本当に最後まで集中しきれた試合かなと思います。

――ピンチの場面でのリリーフでした

予想はしてたので来るかと思ったんですけど、その前に継投でマウンド行って投げないみたいなゴタゴタがあったので、とにかく見た目や態度としてバタバタしないようにと思って入って、初球甘いところに行って純に助けられましたけど、そこまで慌てずに投げられたかなとは思います。

――イニングをまたぎ8回のマウンドにも上がりました

真っ直ぐが良くなかったので、なかなか苦しい組み立てにはなったんですけど、郡司が刺してくれたのが一番大きかったですね。

――明日に向けて

今日の試合と同様に厳しい試合にはなると思うので、とりあえず今日は今日で、明日は明日で切り替えて、また良い形で迎えられればなと思います。

――ラストシーズンの意気込み

野球をやめるので、もしかしたらあと2試合とか、下手したら1試合とかで終わる可能性も無くは無いので、とにかく悔いのないように全力投球で、それが結果としてチームの優勝だったり、チームの勝ちに繋げられれば良いと思います。

津留﨑大成(商4・慶應)

――今日の試合を振り返って

たくさんの投手が投げたのですが、次の投手に一つでも多くアウトを取ってつなごうという意思が前面に出ていた試合かなと思います。それと野手の瀬戸西とかに助けてもらって、明日はなんとか投手陣でしっかり抑えられるように頑張りたいと思います。

――チームとしての今日のゲームプランは

立教に強い髙橋佑ということで、立ち上がりも良かったのでこのままいけるかな、と思っていたんですけど後ろに投げる投手は準備することしかできないですし、イメージ通りにいかないのが野球なので、一人一人がしっかり準備して、気持ちを強くもって投げることが全員できたと思います。

――ご自身のピッチングはいかがでしたか

なんとか強い気持ちを持って一つでも多くのアウトを取って、っていう気持ちで投げられたことが良かったと思います。

――今年は無失点が続いています

やってきたことを出そうという結果が無失点につながっているので、いつも通り準備してやってきたことを出すだけだと思っています。

――次戦に向けて意気込みをお願いします

なんとか明日投手陣で抑えて勝って9月を締めたいと思います。

嶋田翔(環3・樹徳)

――今日の試合を振り返って

最初から自分の思い通り、チームの思い通りにならない試合展開だったので、なんとかくらいついて最後は慶應が勝って終わったので良かったと思います。

――6回表に勝ち越しの適時二塁打を打ちました

郡司さんがつないでくれて、健人さんは三振したんですけど、自分がそこで1本打つんだという強い気持ちを持って打席に入った結果がツーベースになったので良かったと思います。

――明日の立大2回戦に向けての意気込みを教えてください

やっぱり勝ち点5で先輩たちと優勝したいので、まずはしっかり明日勝って、勝ち点2で次に向かっていけるように頑張っていきます。

増居翔太(総1・彦根東)

――今日を振り返って

マウンド上がってすぐにヒットを打たれて、次の回もランナーを出して代わってという感じで、結果として0点に抑えられたのは良かったんですけど野手とか後ろのピッチャーとかに助けてもらったなという感じです。

――チームが逆転した直後での登板でしたが

絶対に点はやれない、自分としては先頭バッターを絶対切りたいという気持ちで行ったんですけど、結果としてああいう感じになってしまうと流れを持っていかれそうになってしまったので、先頭を打ち取れなかったのが反省点かなと思います。

――満塁のピンチを迎えた時の心境は

自分で作ったピンチで、一番良くないのがファーボールで押し出しだと思って細かいコントロールを持っている訳じゃないのでストライクゾーンで勝負するしかないと思いました。

――今季の目標を教えてください

前回の東大戦も今回の立大戦もマウンドに上がってヒットを打たれて、あまり後ろで投げるピッチャーとして流れを引き寄せるということが出来ていないので、これからどういう起用になるかは分からないんですけど自分が上がった回の先頭バッターを全力で抑えて流れを持ってこれるリリーフが出来たらいいなと思います。

――明日への意気込みを

明日もそんなに簡単な試合にはならないと思っていないので、先発もリリーフもしっかり準備して今日みたいに粘り強く勝てたらいいなと思います。