攻守で輝きを見せる武智(済3=駒澤大)

11位(勝ち点12)の立大は、28日に行われる第14節で10位の青学大(勝ち点13)と対戦する。

後期開幕戦の第12節では、4試合ぶりに出場したDF・井浦(済4=東久留米総合)のヘディングゴールで前半に先制したが、後半序盤に右サイドを崩され失点。その後も勝ち越しゴールを奪えず引き分けに終わった。第13節はホーム・富士見総合グラウンドに国士大を迎えたが、攻守の切り替えでのミスを突かれ2失点。攻撃陣も奮わず、今季3試合目となる完封負けを喫した。

勝ち点3が欲しい今節のキーパーソンは、中盤でのボール奪取やチャンスメイクに定評のある武智(済3=駒澤大)と、前回の対戦(第8節・2−1◯)で2ゴールを挙げた“青学大キラー”・佐藤大(コ4=光陵)だ。

大塚(営3=前橋育英)とともに中盤を担う武智は、セカンドボールに素早く反応し、カウンターの起点となる“立大の心臓”。少ないボールタッチでリズムを作ることができる背番号3は、第12節・13節でも正確なパスで幾度となく好機を演出していた。

キレのあるドリブルが持ち味の佐藤大は、今季3得点とチームトップの得点力を誇るストライカー。今季は1トップでの起用が多く、前線では自身がターゲットとなりボールを収めることもできる。前回の対戦では途中出場ながら2得点を挙げただけに、今節も得点源としての期待がかかる。

関東リーグ2年目の今季はここまで3勝3分7敗と大きく負け越し、順位も降格圏内の11位に低迷。特に攻撃では良い形を作れておらず、総得点「15」はリーグワーストの結果となっている。目標とする勝ち点25を実現させるためにも、まずは中盤からパスを繋ぎ、前線での厚みのある攻撃で得点を奪いたいところだ。

順位表(第13節終了時点)


☆思考を止めるな☆
9月28日(土) VS青学大 11:30K.O.
@スポーツ日大アスレティックパーク稲城サッカーフィールド

(9月27日・小根久保礼央)