◆2019年度秋季関東大学女子バレーボールリーグ戦◆

9月15日 対ウエルネス大 中央学大体育館


試合中握手を交わして交代する田中(コ2)と加藤(社4)


再び2部昇格へ。強い思いを持って臨んだ秋季開幕戦。立大らしくコート、ベンチ、応援一体となって試合の雰囲気を作り、危なげなくストレート勝ち。中でも先頭に立って流れを引き寄せたのは公式戦初出場の#18田中(コ2)だった。春季は出場機会を得られず。それでもチームのムードメーカーは常に明るく、コートの外から声援を送っていた。

チームは1セット目、初戦の緊張もあってか13点目まで取っては取りかえされる展開が続いた。そこで白羽の矢が立ったのが彼女。「自分の役割はコートの雰囲気を変えたり、元気をみんなにもたらしたりすること」。先輩から求められた期待を結果で示した。ピンチサーバーとして出場し見事サービスエース。チーム全員の笑顔がはじけた。その後も相手を引き離すことは出来なかったが、均衡を破ったのはまたしても彼女の存在。19対17でわずか2点リードの状況で再びコートに戻り鼓舞した。するとエース#4杉坂(法4)をはじめとするスパイクなどで5連続ポイント。試合の主導権を握った立大は25対18で1セット目を先取する。


強烈なスパイクをする鯉渕(済3)


続く2セット目は立大ペース。2回タイムアウトを取らせて25対13で連続ポイント。3セット目の前には「1点をどう喜んで流れにするか」をチームで共有し緊張がほぐれ、チームの盛り上がりは最高潮に。#10鯉渕(済3)の強烈なバックアタックとフェイント、剛柔併せ持った攻撃やセッター#3植草(文4)の速攻が冴えた。それに田中の勢いも衰えない。「いろいろな人に声を掛けてもらっていつも通りできた」と2度目のサービスエース。自信に繋がった。結局、3セット目は25対15で大差をつけてゲームセット。次戦に弾みを付けた。全員で戦う立大の良さを体現した試合であった。次戦は白鴎大をホームで迎え撃つ。昇格に向けて上昇気流に乗っていきたい。
(9月21日・矢作峰士)
◆コメント◆
#1 樋沢(観4)
――今日を振り返って
秋リーグ初戦が下の部から上がって来たチームだったので結構勢いあるんじゃないかなって思っていました。初戦を一番大事にしようと話していて1セット目はあまり良くなかったんですけど2,3セット目でメンバーチェンジの人も良く活躍していい流れにしていけたと思います。
#18 田中(コ2)
――1セット目ピンチサーバーで出場。そのときの気持ちは。
正直自分は下手なんで、得点力というよりかはコートの雰囲気を変えるだったりだとか元気さをみんなにもたらすだったり。そういうことを求められてるっていうのは4年生からも言ってもらっていたので。自分の中でも大きな収穫だったのかなと思います。初めて試合に出たので。去年もユニフォーム全然着られなくて。今回初めて着させて貰ったので。今は達成感で一杯です。