ブリヂストンは、自転車競技トラック日本代表に、ブリヂストンサイクルと開発を進めているトラック用の自転車が正式採用されたことを発表した。

トラック用自転車の正式採用は、日本自転車競技連盟、ブリヂストン、ブリヂストンサイクルの間の契約に基づいて決定。ブリヂストンサイクルの競技用自転車開発のノウハウと、ブリヂストンのタイヤ開発で培ってきた解析技術や材料技術など両社の技術力を結集し、「剛性」「空力」「質量」「接地」などの観点から東京2020オリンピックに向けて開発を進めていく。

正式採用されるトラック用自転車は、自転車競技トラック日本代表が出場する2019~2020年シーズンの各種大会から使用。両社は、日本代表の東京2020オリンピックに向けたチャレンジをサポートする。

また、東京にグローバル本社を置く唯一のオリンピック、パラリンピックのワールドワイドパートナーとして、商品やサービス、ソリューション、革新的・先進的な技術を通じてアスリートや大会運営を支援していく。