メ~テレ(名古屋テレビ放送)は、「セパタクロー国際親善試合 日本代表vsタイ代表 in名古屋」を10月14日(月)にららぽーと名古屋みなとアクルスにて開催する。

セパタクローは、3対3で戦う足で行うバレーボールのようなスポーツで、東南アジア各地で9世紀ごろから行われている球技を元にした近代スポーツだ。国際親善試合に出場するセパタクロー日本代表チームは、2018年8月に開催された「第18回アジア競技大会」にて、史上初となるファイナルに進出。銀メダルを獲得している。

国際親善試合には、セパタクローの“絶対王者”であるタイ代表が来日。銀メダルを獲得した4対4人制で、タイ代表を迎え撃つ。日本代表の監督は、飯田義隆氏。寺島武志選手、内藤利貴選手、市川遥太選手、高野征也選手、小林裕和選手、増田稜選手が出場する。試合の模様は、インターネットテレビ局「AbemaTV」AbemaGOLDチャンネルでの生放送を予定している。

開催日時は、10月14日(月)14:00試合開始。会場は、名古屋・港区のららぽーと名古屋みなとアクルス「デカゴン」。入場無料。当日は、MAGIC☆PRINCEや名古屋グランパスエイトの選手らによるトークショー、こどもセパタクロー体験なども開催する。