2019-20シーズン、リーガ・エスパニョーラは5節が終了。首位に立っているのは、リオネル・メッシを擁する王者バルセロナでも、ジネディーヌ・ジダン監督が率いるレアル・マドリードでもない。150億円以上の移籍金でポルトガル代表FWジョアン・フェリックスが加わったアトレティコ・マドリードでもなかった。

 古豪アスレティック・ビルバオが、先頭を走る。開幕戦、バルサを終了間際のゴールで破ったことが、スタートダッシュを加速させた。ここまで3勝2分け、無敗だ。



前節はアラベスに2-0で完勝、首位に立つビルバオ

<純血主義>

 ビルバオは100年を超える歴史のなかで、バスク人選手(もしくはバスクで生まれ育った選手)のみのメンバー構成で戦ってきた。当然だが、補強は限られる。ここ1、2年だけでも、GKケパ・アリサバラガ(現チェルシー)、DFエメリク・ラポルト(現マンチェスター・シティ)がビッグクラブへ移籍する一方、(金銭的には潤っても)代わりの選手を簡単には手に入れられない。

 しかし、彼らはその状況を逆手に取った。

「アスレティックの場合、バスク人しかいない。限定されることが、むしろ力になる」

 アスレティックを率いるガイスカ・ガリターノ監督は、そう力説している。ガリターノは昨シーズン、一時は18位に沈んでいたチームを率い、8位まで引き上げた。今シーズンはウナイ・ロペスなど下部組織のレサマで育った選手を呼び戻し、飛躍につなげている。

「外国人選手はいないし、(バスク人を除いた)スペイン人選手もいない。バスク人選手だけで戦うしかないから、腹が決まっている。だから選手たちは、誇りを持って戦える。バスク人として、自分たちのチームを守るために戦う、という目標がはっきりしている。”足りないこと”がむしろ武器になっているんだ」

 少数精鋭。その高潔さと不屈さが、彼らの強さの源だ。

 今シーズンは、とにかく堅牢な守備を見せる。失点は少なく、5試合でわずか1(2位のレアル・マドリードは6失点)。ジェライ・アルバレス、イニゴ・マルティネス、ウナイ・ヌニェスの3人のセンターバックは堅牢さを誇り、いずれもスペイン代表レベルだ。

 かつてマルセロ・ビエルサ監督は、ビルバオでマンマーク戦術を実現させ、戦闘的なスタイルで旋風を巻き起こした(ヨーロッパリーグ、スペイン国王杯決勝進出)。それは、バスク人特有の屈強さのおかげだろう。1対1で負けない。自分の持ち場を守る責任感は出色だ。

「仲間を思い、チームのために、己の力を使い尽くせるか」

 それがレサマの信条である。行動規範が重んじられ、絆によってお互いの力を高めるのだ。

 その”アスレティック魂”を象徴するのが、バルサ戦でも見事なボレーで決勝のゴールを決めたアドゥリスだろう。

「アドゥリスは自分の雑なクロスを、感謝してくれた。でも、本当にすごいのは、明らかに彼だよ」

 アシストしたアンデル・カパは、そう明かしている。

 38歳になるアドゥリスは、質実剛健のストライカーである。決して派手な存在ではない。しかし実直にプレーを続け、プロフェッショナルな姿勢は鑑とされる。20代で1度スペイン代表に選ばれたあとは外れていたが、35歳で復帰し、EURO2016にも出場。ヨーロッパリーグでは2度の得点王に輝いた。たゆまぬトレーニングのおかげで、体幹、跳躍力、動体視力は抜きん出ており、アクロバティックなシュートも打てるのだ。

 アドゥリスは今シーズン限りの引退を公表しているが、その背中を追う選手たちも育っている。

 FWイニャキ・ウィリアムスは、そのひとりだろう。絶対的なスプリント力とテクニックを併せ持ち、ポテンシャルはリーグでも屈指。アドゥリスと同じピッチに立つことで、したたかな駆け引きも身につけられるか。

 チームリーダーと言えるのが、現在チーム最多3得点のFWラウル・ガルシアだろう。「空飛ぶ牛」とも形容される豪快なプレーでチーム全体を鼓舞し、前線の起点となれる。セットプレーの破壊力も満点だ。

「プレシーズンから、悪くない感触があった。その感覚のまま、いいプレーを見せられている。すばらしい1年になる予感はあるよ。本拠地サン・マメスで、アスレティックは”命”を与えられるしね」

 アラベスから戻ってきたMFイバイ・ゴメスは、そう洩らしている。ビルバオは約1年、サン・マメスでは負けていない。ホームでは鉄の結束を見せ、少数精鋭で無敵を誇る。

 9月25日には、敵地でレガネスと対戦する。アウェーでも勝ち点を積み重ねることができたら――。バスクの雄の躍進は続きそうだ。