連日熱戦が繰り広げられるラグビーワールドカップも大会5日目を迎え、9月24日(火)は埼玉・熊谷ラグビー場での初戦となる、日本代表と同じプールAのロシア代表とサモア代表が激突した。

開幕戦で日本代表に30-10で敗れたロシア代表は、中3日の日程で2戦目を迎えた。リン・ジョーンズヘッドコーチ(HC)は、日本代表戦でのパフォーマンスを評価し、主将のFB(フルバック)ヴァシリー・アルテミエフ、この試合で111キャップとなるSO(スタンドオフ)ユーリ・クシナリョフら全く同じ23名のメンバーで臨んだ。

一方で、これが初戦となるサモアは、キャプテンのジャック・ラムが怪我のためFL(フランカー)クリス・ブイがゲームキャプテンを務め、SOトゥシ・ピシ、FB(フルバック)ティム・ナナイ=ウィリアムズらベテランと、サモア代表デビューして8試合で8トライのWTB(ウィング)エド・フィドウら勢いのあるフレッシュな選手のコンビネーションで初戦に挑んだ。

両国国歌斉唱、サモア代表のウォークライ「シヴァ・タウ」に続いて19時15分にサモアボールでキックオフされた。

序盤、初戦でまだプレーの安定しないサモアにとって、ロシア代表はやはりキックを使ってエリアを取りに行く。

だが、自陣でマイボールスクラムを獲得したサモアが徐々に勢いを増してくる。ただ、ロシアもしっかりディフェンスをし、なかなかサモアに得点を与えない。

それでも、やはり自力に勝るサモアは15分、左右にボールを回しながらCTB(センター)レイ・リー=ロがラインブレイクし、FBナナイ=ウィリアムズのパスからWTBアラパティ・レイウアが左隅にトライ。SOピシのゴールは外れたものの、サモアが5ー0と先制する。

しかし、18分、ロシアもSOクシュナリョフのPGで3点を返し5ー3。さらに、ロシアはマイボールラインアウトからSH(スクラムハーフ)ヴァシリー・ドロフェエフが突破。その後近場を攻めるがサモアのフィジカルなディフェンスになかなか前にでることができない。だが、しぶとくそれでも攻め続けると、25分、ペナルティを獲得しSOクシュナリョフがPGを決め、6ー5と逆転に成功する。

また、サモアのCTBリー=ロがロシアのFBアルテミエフへのショルダータックルで、レフェリーがレッドカードを出そうとしたが、TMO(テレビジョン・マッチ・オフィシャル)によりイエローカードでシンビン(10分間の一時的退出)になってしまう。さらにHO(フッカー)モトゥ・マトゥもシンビンとなり、サモアは2人少ない状況に追い込まれる。

数的有利に立ったロシアが敵陣でプレーする時間が長くなる。それでもサモアはバックスでパスやキックを使ってエリアを戻そうとする。ロシアもなかなかチャンスを生かしきれない。逆にサモアがペナルティを獲得するも、SOピシがPGを外してしまう。

前半終了間際、ロシアは敵陣ゴール前までボールを運ぶも、結局ラインを割ることはできず、6ー5とロシアが1点のリードで折り返すことになった。

後半、先にトライを取ったのはやはりサモアだった。敵陣でボールを左右に動かしながら、4分、No.8(ナンバーエイト)アファエセティティ・アモサがトライ。しかし、そのアモサはロシアのPR(プロップ)キリル・ゴトフツェフのハイタックルを受けて交替。ゴトフツェフがシンビンで今度はロシアが1人少ない状況になる。SOピシのゴールは外れたが、サモアが6ー10と再びリードする。

だが、7分、今度はロシアがSOクシナリョフのDGで3点を加え、9ー10と1点差に迫る。それでも、ようやくらしさが見えてきたサモアは、直後の8分、WTBエド・フィドウが走り抜け、テストマッチ9試合で9トライ目となるトライを中央に決め、今度はSOピシのゴールも決まり9ー17と突き放す。

そこからサモアの猛攻が続き、12分、またしてもWTBフィドウが連続トライ。ゴールも入り9ー24と点差を広げる。サモアはこの時点で4トライとなりボーナスポイントを獲得。

22分にもサモアはCTBリー=ロがトライを挙げ29ー9と試合を決める。

だが、22,563人の観客のロシアコールを受け、ロシアも最後まで諦めることなく戦い、30分、マイボールラインアウトからモールで押し込むもTMOの判定でトライは認められなかった。それでもその後も何度も前進していくがトライを奪うことができなかった。

サモアは試合終了間際にWTBレイウアがランでこの日2本目となるトライで駄目押しし、この試合のマンオブザマッチも獲得した。結局試合は34-9でノーサイド。

サモアは前半、常に課題とされる規律の悪さが見られたが、終わってみれば6トライで、日本とアイルランドと同じく勝ち点5を獲得した。ロシアは後半10分くらいからやはり失速してしまい、善戦するも今回も勝ち点を取ることはできなかった。 

サモアのスティーブ・ジャクソンHCは、「13人になった時に良くディフェンスで耐えた。後半は戦術を変えてボールキープし展開していこうとした。ディシプリンの改善は必要だが立て直せたことは良かった」と振り返った。

キャプテンのFLブイは「2人減った時は冷静になって試合に集中しようと声をかけた。サモア語が実はあまり得意でないので、試合後のインタビューの方が緊張したよ」と笑顔で答えた。

ロシアのジョーンズHCは、「残念だがサモアが素晴らしかった。中3日というフィジカルの面ではなく、戦術面で精度を欠いてしまった。前半リードしていたので、長い時間良いプレーができていても、細かいところでミスをしてしまうとこういう結果になる」と肩を落とした。

キャプテンのFBアルテミエフは、「後半の最初に方向性を見失って、サモアにチャンスを与えてしまった。サモアにスペースを与えると、スピードでやられてしまう。それでも、世界のトップチームとの試合を経験できるのは素晴らしいこと。いつかロシアのラグビーが世界で尊敬を得られるようになることが目標だ」と前を見据えた。

サモアは9月30日(月)に、兵庫・神戸市御崎公園競技場で、初戦でアイルランドに敗れたスコットランドと対戦する。

ロシアは10月3日(木)に、同じく神戸でアイルランドと対戦する。

◇サモアSOピシが3大会目のワールドカップ出場

日本のトップリーグやサンウルブズで活躍したSOトゥシ・ピシが37歳で3度目のワールドカップに出場した。

前半にPGを外し、コンバージョンも4本中2本とプレースキックの精度はいまひとつだったが、「前半少しフラストレーションが溜まったが、後半巻き返せると思ったので、不安はなかった」とベテランらしく落ち着いて語った。「トップリーグに復帰してパシフィック・ネーションズカップに参加できなかったが、こうしてワールドカップに出られて嬉しい。(所属している)豊田自動織機のサポートにも感謝している」と笑顔を見せた。試合後は長男を連れて現れ、「今日は妻も子供たちも応援に来てくれたし、日本のファンの声援にも勇気付けられた。24、25人目のプレイヤーみたいなものだった」

日本代表については、「全員が注意しなければならない選手だが、敢えて挙げるとすれば、(サントリーでチームメイトだった)松島(幸太朗)かな。でも自国開催の日本の方がプレッシャーだろうね」と余裕の表情だった。