プジョー・シトロエン・ジャポンは、10月5日・6日の2日間、車山高原(長野県茅野市)で開催されるフランス車とフランス文化の祭典「フレンチブルーミーティング(FBM)2019」に出展する。

FBMは、1987年に始まった日本最大のフランス車とフランス文化の祭典。毎年、ヒストリックモデルから現行モデルまで、数多くのフランス車オーナー、ファンが参加している。

ブランド創立100周年を迎えたシトロエンは、100周年を記念したオリジナルコレクターズアイテム「CITROEN Origins(シトロエン・オリジンズ)」のグッズをフランスより取り寄せて販売。同アイテムは全国のシトロエンディーラーでも購入できるが、FBMでは通常展開していないアイテムも多数用意する。

また、1923年製(1925年の可能性あり)「シトロエン5HP(タイプC)」を特別展示する。同車は、戦後すぐにフランス人宣教師により日本に持ち込まれたが、日本人に譲渡された後、不動となり状態が悪化。次のオーナーがレストアし自走できるようになったが、オーナーの逝去により再び不動車に。その後、15年ほど放置されていたものをプジョー・シトロエン・ジャポンが譲り受けた、数奇な運命をたどった1台だ。

さらにシトロエン100周年記念限定モデル『C3オリジンズ』、新サスペンションシステム搭載の『C5エアクロスSUV』、発売されたばかりの『C3エアクロスSUV』を展示。また『C3セントジェームス』、『C3エアクロスSUV』、『C5エアクロスSUV』の試乗も楽しむことができる。

また、プジョーおよびDSもFBMに出展。プジョーは『508 GT Blue HDi』『508 SW アリュール』を、DSは『DS 3 クロスバック』を展示・市場モデルとして用意する。