9月12日、東京ゲームショウ2019の会場にて、コナミホールディングス株式会社(以下、コナミ社)は、事業の新たな拠点として建設中の「コナミクリエイティブセンター銀座(以下、KCC銀座)」に、eスポーツの複合施設を開設することを発表した。

eスポーツ大会の配信スタジオを中心に、関連する人材を育成するスクールと、体験型ショールームを併設する。eスポーツに関わる人々や情報が集まる複合施設を拠点として、eスポーツ産業の発展に貢献していくとのこと。

また、eスポーツ複合施設の発表とともに、新たにゲーミングPCや周辺機器の制作・販売事業に参入することも発表された。コナミ公認ウイニングイレブン専用コントローラーが販売されることになれば、ファン垂涎のデバイスとなることは必至である。

以下、発表された概要を見ていくことにする。(トップ画像:外観完成予想図 コナミ社プレスリリースより)

■esports 銀座 studio概要

「esports 銀座 studio」は、eスポーツのための最適な設備を整えた配信用スタジオです。ここを会場として大会を実施し、多様な動画メディアへの配信が可能であり、公共的な施設として、広くご利用いただけます。複数言語による同時配信や、ライブ映像へのCG合成などの設備を導入し、eスポーツだけでなく、音楽や演劇など、さまざまなエンタテインメント会場としても活用可能です。

「esports 銀座 school」は、eスポーツが発展していくために必要となる、選手、実況解説者、大会運営演出スタッフなど、幅広い人材を育成するスクールです。コナミグループがこれまで世界各地で開催してきたeスポーツ大会や、選手のサポートを通じて培ったノウハウを活かし、eスポーツビジネスでプロフェッショナルとして活躍する人材を育成します。

「esports 銀座 store」は、eスポーツ専門の体験型ショールームです。ゲーミングPCや周辺機器、配信する人向けの設備など、関連アイテムを幅広く取り扱います。銀座通りに面した立地を活かし、誰でも気軽に立ち寄り、eスポーツの素晴らしさを体験できるスペースとなります。

また、コナミグループにてアミューズメントマシンの制作・製造・販売を手がける、株式会社コナミアミューズメント(本社・愛知県一宮市)は、新たにゲーミングPCや周辺機器の制作・販売事業に参入します。アミューズメントマシンのノウハウを活かし、eスポーツの頂点を目指して競い合う選手の方々へ、最高のデバイスを提供してまいります。

eスポーツ複合施設のオープンは、2020年初頭を予定しています。コナミグループは、「KCC銀座」を拠点とし、さまざまな商品・サービスを通じて、日本におけるeスポーツのさらなる拡大と活性化に貢献してまいります。

引用:コナミ社プレスリリース https://www.konami.com/news/ja/release/2019/0912/

当然のことながら、eスポーツはヴァーチャル空間で行われる競技である。しかしながら、スキルの伝達という意味においては、リアル空間で行われる方が効率的である。

eスポーツをリアルスポーツとは、別異に捉えている社会的風潮が依然として残っているが、このような試みが普及すれば、風向きも変わってくることだろう。

コナミ社は、「ウイニングイレブン」シリーズを制作すると同時に、国内最大級のスポーツジムネットワークを擁している会社でもある。そこの連携が進めば、心身を健やかに保ちながら、eスポーツに取り組むことが可能となり、それが何よりeスポーツ産業の発展に貢献することになるのではないだろうか。

(文●fanatic wilkinson’s)
(編集●VAMOLA eFootball News編集部)