9月22日(日)東京六大学野球秋季リーグ戦 東大2回戦 @神宮球場

6回無失点の好投を見せた森田晃

秋季リーグ戦初戦を勝利で飾った慶大。迎えた東大2回戦、連勝がかかる重要なマウンドを任されたのは森田晃介(商2・慶應)。変化球も交えた巧みな投球で、6回までを無失点に抑える。続く増居翔太(総1・彦根東)と髙橋亮吾(総4・慶應湘南藤沢)も得点を許さず、見事な完封リレーを見せた。打線は、初回に2点を奪い先制。4回には福井章吾(環2・大阪桐蔭)がソロ本塁打を放ち、追加点を挙げる。さらに5回、打線がつながり一挙6点を奪った。慶大は10-0と大差をつけて勝利。開幕カードを2連勝し、勝ち点1を掴んだ。

慶大バッテリー:○森田晃、増居、髙橋亮-郡司、福井、郡司
東大バッテリー:●
坂口、宮本、小林大-松岡、大音 
慶大本塁打:福井1号ソロ(4回)

眩しい太陽が照りつけていた午前とは一転、午後の神宮球場は暗い雲に覆われた。小雨もちらつく中、開幕連勝のかかる重要な試合が始まった。先攻は慶大。打線は、初回から東大の先発・坂口を捉えた。先頭打者の下山悠介(商1・慶應)が中前安打で出塁すると、2番・中村健人(環4・中京大中京)も左前安打を放ちそれに続く。3番・柳町達(商4・慶應)が犠打を成功させ、5番・正木智也(政2・慶應)の中堅への2点適時打で先制する。その裏、先発のマウンドを任されたのは森田晃。立ち上がりの東大打線を三者凡退に抑えた。

4打点の活躍を見せた正木

2回表、8番・瀬戸西純(政3・慶應)が四球を選び、9番・森田晃が犠打を成功させ、走者を得点圏に進める。続く下山が、右前へ適時二塁打を放ち1点を追加する。2回裏、森田晃は5番・石元、代打・梅本ともに安打で出塁を許すが、7番・山下朋を併殺打に打ち取り、無失点に抑える。

下山は1番に抜てきされ3安打を記録した

4回表、この回からマウンドに上がったのは宮本。この回先頭打者の福井が3球目を捉え、右翼席へソロ本塁打を放つ。流れを掴んだ慶大打線に対し、東大は5回のマウンドに宮本に代えて小林大を送った。ここから、慶大打線が爆発する。下山が快足を飛ばし、二塁への内野安打で出塁すると続く中村健も左前安打で出塁。無死一、二塁でチャンスを作ると、柳町が中前への適時打を放ち1点を追加する。なおも無死一、三塁で郡司が死球を受け、続く正木が左前に適時打を打ち2点を追加。その後、福井が四球で出塁し無死満塁とすると7番・小原も中前に2点適時打を放つ。慶大はこの回、打者11人の猛攻で一挙6点を追加し、点差を10に広げた。

今季初本塁打を放った福井

5回裏、森田晃は先頭打者に出塁を許す。次の打者を併殺打に打ち取るも、続く小林大に死球を与え治療のため一時試合中断。試合が再開すると、8番・笠原に安打を許したか思われたが、二塁手・小原の好守によってこの回も無失点に抑える。6回表、慶大は三者凡退に抑えられ追加点とはならなかった。6回裏、この回からマスクを被った福井は森田晃を見事にリードし東大を無失点で抑えた。

7回表、打撃でも見せる福井は、右前安打を放ち出塁。福井が盗塁を決め、2死三塁とするが代打・若林将平(環2・履正社)が見三振に倒れこの回も追加点とはならなかった。7回裏のマウンドに上がったのは増居。2死から代打・岡に左前安打を許すも、続く小林大を打ち取る。増居は、8回裏も無失点に抑えた。9回裏のマウンドに上がったのは髙橋亮。失策で先頭打者が出塁するが、続く二人を空振り三振に取る。あと1死の場面で、暴投が重なりひやりとするが最後は空三振で仕留めた。

今日は先制を許さず、打線をつなげて大量得点を挙げた慶大。開幕カードを連勝し見事勝ち点1を挙げた。しかし、5回以降はチャンスを活かしきれない場面も多く見られ、守備面でも失策や暴投など終盤のプレーには隙が生まれた。今一度引き締めを図り、“天皇杯奪還”という栄冠に向けて突き進んでほしい。

(記事:青木満智子 写真:澤田夏美、堀内大生、左近美月)