9月22日(日)東京六大学野球秋季リーグ戦 東大2回戦 @神宮球場


6回無失点の好投を見せた森田晃

秋季リーグ戦初戦を勝利で飾った慶大。迎えた東大2回戦、連勝がかかる重要なマウンドを任されたのは森田晃介(商2・慶應)。変化球も交えた巧みな投球で、6回までを無失点に抑える。続く増居翔太(総1・彦根東)と髙橋亮吾(総4・慶應湘南藤沢)も得点を許さず、見事な完封リレーを見せた。打線は、初回に2点を奪い先制。4回には福井章吾(環2・大阪桐蔭)がソロ本塁打を放ち、追加点を挙げる。さらに5回、打線がつながり一挙6点を奪った。慶大は10-0と大差をつけて勝利。開幕カードを2連勝し、勝ち点1を掴んだ。

 123456789計

慶大21016000010
東大0000000000

慶大バッテリー:○森田晃、増居、髙橋亮―郡司、福井、郡司

東大バッテリー:●坂口、宮本、小林大―松岡、大音 

慶大本塁打:福井1号ソロ(4回)

◆慶大出場選手

 ポジション選手名(学部学年・出身高校)

1[5]下山悠介(商1・慶應)
2[9]中村健人(環4・中京大中京)
9水久保佳幸(総3・慶應)
3[8]柳町達(商4・慶應)
8渡部遼人(環2・桐光学園)
4[2]32郡司裕也(環4・仙台育英)
5[7]正木智也(政2・慶應)
R7橋本典之(環2・出雲)
6[3]2福井章吾(環2・大阪桐蔭)
3嶋田翔(環3・樹徳)
7[4]小原和樹(環4・盛岡三)
8[6]瀬戸西純(政3・慶應)
H6角谷隆之介(環3・湘南)
9[1]森田晃介(商2・慶應)
若林将平(環2・履正社)
1増居翔太(総1・彦根東)
1髙橋亮吾(総4・慶應湘南藤沢)

眩しい太陽が照りつけていた午前とは一転、午後の神宮球場は暗い雲に覆われた。小雨もちらつく中、開幕連勝のかかる重要な試合が始まった。先攻は慶大。打線は、初回から東大の先発・坂口を捉えた。先頭打者の下山悠介(商1・慶應)が中前安打で出塁すると、2番・中村健人(環4・中京大中京)も左前安打を放ちそれに続く。3番・柳町達(商4・慶應)が犠打を成功させ、5番・正木智也(政2・慶應)の中堅への2点適時打で先制する。その裏、先発のマウンドを任されたのは森田晃。立ち上がりの東大打線を三者凡退に抑えた。


4打点の活躍を見せた正木

2回表、8番・瀬戸西純(政3・慶應)が四球を選び、9番・森田晃が犠打を成功させ、走者を得点圏に進める。続く下山が、右前へ適時二塁打を放ち1点を追加する。2回裏、森田晃は5番・石元、代打・梅本ともに安打で出塁を許すが、7番・山下朋を併殺打に打ち取り、無失点に抑える。


下山は1番に抜てきされ3安打を記録した

4回表、この回からマウンドに上がったのは宮本。この回先頭打者の福井が3球目を捉え、右翼席へソロ本塁打を放つ。流れを掴んだ慶大打線に対し、東大は5回のマウンドに宮本に代えて小林大を送った。ここから、慶大打線が爆発する。下山が快足を飛ばし、二塁への内野安打で出塁すると続く中村健も左前安打で出塁。無死一、二塁でチャンスを作ると、柳町が中前への適時打を放ち1点を追加する。なおも無死一、三塁で郡司が死球を受け、続く正木が左前に適時打を打ち2点を追加。その後、福井が四球で出塁し無死満塁とすると7番・小原も中前に2点適時打を放つ。慶大はこの回、打者11人の猛攻で一挙6点を追加し、点差を10に広げた。


今季初本塁打を放った福井

5回裏、森田晃は先頭打者に出塁を許す。次の打者を併殺打に打ち取るも、続く小林大に死球を与え治療のため一時試合中断。試合が再開すると、8番・笠原に安打を許したか思われたが、二塁手・小原の好守によってこの回も無失点に抑える。6回表、慶大は三者凡退に抑えられ追加点とはならなかった。6回裏、この回からマスクを被った福井は森田晃を見事にリードし東大を無失点で抑えた。

7回表、打撃でも見せる福井は、右前安打を放ち出塁。福井が盗塁を決め、2死三塁とするが代打・若林将平(環2・履正社)が見三振に倒れこの回も追加点とはならなかった。7回裏のマウンドに上がったのは増居。2死から代打・岡に左前安打を許すも、続く小林大を打ち取る。増居は、8回裏も無失点に抑えた。9回裏のマウンドに上がったのは髙橋亮。失策で先頭打者が出塁するが、続く二人を空振り三振に取る。あと1死の場面で、暴投が重なりひやりとするが最後は空三振で仕留めた。

今日は先制を許さず、打線をつなげて大量得点を挙げた慶大。開幕カードを連勝し見事勝ち点1を挙げた。しかし、5回以降はチャンスを活かしきれない場面も多く見られ、守備面でも失策や暴投など終盤のプレーには隙が生まれた。今一度引き締めを図り、“天皇杯奪還”という栄冠に向けて突き進んでほしい。

(記事:青木満智子 写真:澤田夏美、堀内大生、左近美月)

◆打撃成績

   12345 6789

1[5] 下山中安右2①二安左犠飛①空三振
2[9]中村健左安中飛左安空三振三ゴロ
9水久保
3[8]柳町投犠打遊ゴロ中安①右安空三振
8渡部遼
4[2]3郡司右飛右飛死球併殺打中飛
5[7]正木中安②二ゴロ左安②空三振右安
R7橋本典
6[3]2福井中飛右本①四球右安
3嶋田四球
7[4]小原三ゴロ二直左安②空三振遊ゴロ
8[6]瀬戸西四球中飛四球三ゴロ
H6角谷空三振
9[1]森田晃投犠打左直三ゴロ
H若林見三振
1増居
1髙橋亮

◆投手成績

 投球回数打者数球数安打三振四死球失点自責

森田晃6217644200
増居282421000
髙橋亮141803000

◆監督・選手コメント

大久保秀昭監督

――開幕カードでの勝ち点をあげられました

やはり戦いにくい相手で、それなりにやってくれたかなと思います。

――5回表には打線がつながり6点を挙げました

昨日は対小林君用だし、今日は対坂口君用だしそれがうちのいいところが機能してくれたと思います。

――投手陣が完封リレーしました

力を出せばそれくらいのものは出してくれると思ってましたし、ミーティングでも言いました。

――来週の立大戦に向けて

ここからですね。次の立教の9月末からしっかり戦えるようにやってますから、期待してください。

郡司裕也主将(環4・仙台育英)

――今日の試合を振り返って

試合運びとしては良かったと思うので、ここから切り替えてまた立教戦に臨みたいです。

――先発・森田選手はいかがでしたか

オープン戦から本当に調子が良くて、夏で急成長した投手なので今日は危なげなくリードできました。

――増居選手も春からの成長は感じられましたか

春は出だしは調子良かったですけど、終盤は調子を落としていた部分もあって、でも今日は良い時の球が投げられていたので、これで自信をつけてくれたらなと思います。

――打線はいかがでしたか

状態は個人個人で上がってきていると思うので次は立教戦でどうなるかな、というところです。

――来週の立大戦に向けての対策は

打線としては田中誠也から打たなければいけないので春に最優秀防御率をとっている選手なのでしっかり対策していかないとなと思います。

――最後に意気込みをお願いします

完全優勝を目指しているので一戦一戦、一球一球を大事にして頑張りたいと思います。

福井章吾(環2・大阪桐蔭)

――今日を振り返って

スタメンで使っていただいたので、なんとか一本良いところで打とうというところで結果出せたので良かったです。

――4回には今季初本塁打を放ちました

ピッチャーが変わってすぐで出塁することを考えながら、甘い球きたらしっかり振り抜こうと思って、そこで甘い球来たので振り抜いたっていう感じです。

――今日は途中から捕手としても守りました

準備はしていたのでびっくりすることなく、しっかり役割果たせたかなと思うので良かったかなと思います。

――今季の個人目標を教えてください

試合に出られたら結果出すだけなので別にスタメンとか拘らずにやれることしっかりやって毎試合勝ちに貢献できたらなと思います。

――次の立大戦に向けての意気込みを

ここからが山場だと思うので一戦一戦やるべきことを準備して、それが出せれば良いのかなと思うので、チーム全体で勝ち点取れるように頑張ります。

正木智也(政2・慶應)

――今日の試合を振り返って

昨日の試合では、先取点を取られ苦しい形となってしまったのですが、今日の試合では先取点を取れたことで最初から最後まで良い形の試合運びができたと思います。

――先制打となった最初の打席を振り返って

森田が久しぶりの先発ということで緊張していたと思うのですが、その中で、初回のチャンスをうまく生かし先制できて良かったです。加えて、森田を気持ちよく楽に投げさせられたかなと思います。

――5回の3打席目、2点適時打となる左前安打を打ちましたが、その打席を振り返って

チームが押せ押せの中であり、中押しが欲しいという場面での打席でしたが、しっかり甘い球を待ち、その球を逃さずにヒットにできた打席だったと思います。

――9回には、猛打賞となる3安打目を放ちましたが、打撃の調子としてはどのように感じていますか

昨日ヒットを一本打ったことで気持ちが少し楽になったことが大きいと思いますが、今日も気持ちを切らさず、もっと調子を上げてチームに貢献できる一打を出そうと思い集中して打席に入れたことが今日の結果につながったと思います。

――ボール球に手を出さず、しぶとい打撃を心掛けているように感じましたが、そういった部分は意識していますか?

そうですね。打てる球をしっかり打ち、打てない球はしっかり見逃すことが自分の意識の中にあり、ボール球を追いすぎて自分のスイングができなくなることが一番調子を落とすことだと思っているので、しっかり甘い球を呼び込んで自分のスイングをすることを心掛けてやっています。

――次戦に向けて

開幕カードで良いスタートがきれたので、個人としてもチームとしてもこの調子を現状維持するのではなく、もっと調子を上げてこのリーグ戦の中で成長できるよう次の立教大戦も頑張りたいと思います。

森田晃介(商2・慶應)

――今日の試合を振り返って

しっかり自分のピッチングができたかなと思います。

――チームにとって大事な2回戦の先発を任されました

自分の持っているもの以上のことはできないと思うので、しっかり自分のできることを全力でやろうと思ってマウンドに上がりました。

――東大打線を無失点に抑えられた要因は

しっかりと腕を振っていこうと思って試合に臨んだので、そのおかげか変化球で打ち取ることもできて、そこがよかったかなと思います。

――球数も少なく効率の良い投球でした

ツーシームなどを使ってボールを動かして、ゴロを打たせて早めに打ち取るってことが自分の持ち味でもあるので、そういう風に郡司さんともコミュニケーションを取りながら、投げられました。

――今季の個人的な目標を教えてください

慶應が優勝するために力になれればいいなと思います。

下山悠介(商1・慶應)

――今日の試合を振り返って

序盤に良い形で先制して、そのまま追加点を取れていたので良い試合だったと思うんですけど、終盤隙が出てしまった面があったので、そこはもう一度引き締め直して、来週を迎えたいなと思います。

――チームの1番打者を務めました

とにかく出塁したいという思いで打席に立って、昨日はタイミングが合わずにゴロでアウトになっていたので、今日は少し引きつけ打てるようにということを意識して打席に入りました。

――今季の個人目標を教えてください

個人的な目標はとにかく出塁して、後ろに良いバッターの先輩がたくさんいるので、出塁率4割くらいを目標としてやっています。

――立大戦への意気込みをお願いします

立教はすごく良いピッチャーがいるので、しっかり対策して良い準備をして、また勝ち点を取れるように頑張りたいです。