<写真・3位入賞を果たした男子団体メンバー>

 9月22日、舞洲アリーナにて第67回関西学生剣道優勝大会が行われた。

   前年度3位となり、6年ぶりの優勝を目指した関学。シードのため、2回戦から出場した。2、3回戦と快勝し、さらに準々決勝では神大に6勝1敗と大差をつけて勝利した。しかし、準決勝では今年度覇者となった大体大にわずか1本差で敗北。昨年に続き、3位となった。

本日の試合結果

・2回戦 対神院大

竹嶋(商2) 1本勝ち

繁田(社2) 1本勝ち

上野(文3) 引き分け

松井(文4) 引き分け

吉野(経3) 引き分け

中塚(社4) 引き分け

富松(法4) 1本負け

・3回戦 対大手門学院大

竹嶋 1本勝ち

繁田 1本勝ち

上野 引き分け

松井 引き分け

吉野 1本負け

中塚 引き分け

富松 引き分け

・準々決勝 対神大

竹嶋  2本負け

繁田  1本勝ち

上野  1本勝ち

松井  2本勝ち

秋山  2本勝ち

中塚  2本勝ち

富松  1本勝ち

・準決勝 対大体大

竹嶋  引き分け

秋山  引き分け

上野  1本負け

松井  引き分け

繁田  1本勝ち

中塚  2本負け

富松  引き分け

試合後のコメント

富松智郎主将「めちゃくちゃ悔しい。大体大はフィジカルが強く、そこに押されてしまった。だが、練習時間をあまり積めなかった中で、有効的に時間を使い、1本をみんなでつないでいく意識が持てたのは良かった。全日までの1カ月はきょう太刀打ちできなかったフィジカル面を鍛え、技術を上げる」