22日、中山競馬場で行われた7R・3歳上1勝クラス(500万下・芝1600m)で1番人気、M.デムーロ騎乗、ユナカイト(牝3・美浦・木村哲也)が快勝した。1.1/4馬身差の2着にレオンドーロ(牝3・美浦・伊藤大士)、3着にアピールバイオ(牝5・栗東・牧光二)が入った。勝ちタイムは1:34.3(良)。

 2番人気で丸山元気騎乗、ヘイワノツカイ(牡3・美浦・相沢郁)は、6着敗退。

【新馬/中山5R】アヌラーダプラが断然の人気に応える!直線は流すように駆け抜ける

ヨハネスブルグ×フサイチパンドラ

 半姉にアーモンドアイがいるユナカイトが嬉しい2勝目を飾った。初勝利の後は惜敗続きでもどかしい状況が続いていたが、断然の支持を受けた今回はその期待にしっかり応えた。抜群の手応えで直線に向くと、ラスト200mから馬群を割って豪快な差し切り。姉を彷彿とさせるような末脚を発揮し、更なる活躍が期待出来そうだ。

ユナカイト 8戦2勝
(牝3・美浦・木村哲也)
父:ヨハネスブルグ
母:フサイチパンドラ
母父:サンデーサイレンス
馬主:シルクレーシング
生産者:ノーザンファーム