「東レ パン・パシフィック・オープン」(日本・大阪/9月16日~22日/ハードコート)の大会最終日、女子シングルス決勝でアナスタシア・パブリウチェンコワ(ロシア)を6-2、6-3で破り、同大会初優勝を果たした第1シードの大坂なおみ(日本/日清食品)。その大坂が試合後にWOWOWのインタビューに答えた。

試合を振り返って大坂は「自分が生まれた大阪で、3度目の決勝で勝つことができて本当に嬉しいです」と語った。

対戦相手の世界41位のパブリウチェンコワについては「ここまでお互いに良い試合をしてきました。決勝に勝ち残るだけの力を持った相手だったので、とにかく良いプレーをしたいと思いました」と振り返った。

また、勝利の鍵となったものは、という質問には「この2試合くらいはサーブの調子が上がってきたこと。特に今日は相手が良いリターナーでしたが、良いサーブができたことが鍵だったと思います」と答えた。

この試合、大坂はファーストサーブでのポイント獲得率が驚異の100%。相手に全く隙を与えないサーブだった。

そして出身地である大阪の観客については「大阪のお客さんは相手が良いプレーをしてもちゃんと拍手をするような良いお客さんで、とても良かったです」と笑顔を見せた。

最後に日本語で「みんな、応援ありがとうございます」と語ると、続けて英語で「私にとって非常に楽しめる大会だったので、観ているみなさんも楽しんでいただけたら良かったと思います」と締めくくった。

自身3度目となる同大会の決勝で、ついに優勝を果たした大坂。またこれは同大会において日本勢24年ぶりの快挙となった。今年のシーズンも残り少なくなってきたが、さらなる活躍に期待したい。

(テニスデイリー編集部)

※写真は「東レ パン・パシフィック・オープン」での大坂なおみ

(Photo by Koji Watanabe/Getty Images)