現在開催されている「レーバー・カップ」(スイス・ジュネーブ/9月20日~22日)の最終日に、ロジャー・フェデラー(スイス)とラファエル・ナダル(スペイン)によるダブルスが実現することが決まった。男子テニス界の人気を引っ張っている2人によるダブルスは、2017年の「レーバー・カップ」以来2年ぶりとなる。

「レーバー・カップ」は、チーム・ヨーロッパとチーム・ワールドに分かれて行われるチーム対抗戦。大会初日は1試合の勝利ポイントが1ポイント、2日目は2ポイント、最終日は3ポイントを獲得するルール。3日間で計12試合(各日シングルス3試合・ダブルス1試合)行い、計13ポイント以上獲得したチームが勝利となる。(もし計12試合でトータルポイント12-12のイーブンとなった場合、ダブルス1試合を追加で行って勝敗を決する)

チーム・ヨーロッパにはフェデラーとナダル、そしてドミニク・ティーム(オーストリア)、アレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)、ステファノス・チチパス(ギリシャ)、ファビオ・フォニーニ(イタリア)が参加している。

一方のチーム・ワールドには、ジョン・イズナー(アメリカ)、ミロシュ・ラオニッチ(カナダ)、ニック・キリオス(オーストラリア)、デニス・シャポバロフ(カナダ)、ジャック・ソック(アメリカ)、テイラー・フリッツ(アメリカ)が参加。

「レーバーカップ」はここまで2日間行われており、チーム・ヨーロッパが7ポイント、チーム・ワールドが5ポイントとなっている。

フェデラーとナダルのペアによるダブルスは、最終日の第1試合(日本時間22日19時開始予定)に組まれており、イズナー/ソックのペアと対戦する予定。

また第2試合にはナダル対キリオス、第3試合にはフェデラー対イズナー、第4試合にはズベレフ対ラオニッチが組まれている。

2017年に実現した際には、大きな話題となったフェデラーとナダルによる夢のダブルス。今年も2人がどんなプレーを見せるのか注目だ。

(テニスデイリー編集部)

※写真は2017年の「レーバー・カップ」でダブルスを組んだナダル(左)とフェデラー(右)

(Photo by Lukas Kabon/Anadolu Agency/Getty Images)