9月21日(土)東京六大学野球秋季リーグ戦 東大1回戦 @神宮球場

逆転となる3点適時二塁打を放った小原

秋が近づいてきているこの神宮で、慶大の東京六大学野球秋季リーグ初戦が始まった。今季優勝を目指す慶大の初戦の相手は、東大であった。2回表に東大に先制されるも、正木智也(政2・慶應)のバックホーム、そしてその裏の嶋田翔(環3・樹徳)の適時打で返した1点で、流れは慶大にぐっと傾いた。3回裏の小原和樹(環4・盛岡三)の2死満塁の中での二塁打、6回裏の郡司裕也(環4・仙台育英)の2死二、三塁での適時打で、それぞれで3点を追加するなど着実に得点を重ねていった。相手との点差を突き放し、秋季リーグ戦初戦は勝利で収めることができた。

秋季リーグ戦初戦のマウンドを任されたのは慶大のエース・髙橋佑樹(環4・川越東)。初回を無失点で抑えるも、2回表で、4番・青山、5番・岡ともに安打を許す。そして、走者を二、三塁とした場面で暴投により東大に先制を許してしまう。ここで終わらせたかった慶大だが、7番・山下朋に適時打を打たれ、1点を追加されてしまった。その後、1死満塁で打者を迎えるが、正木の本塁刺殺によってピンチを乗り切ったことで、慶大を良い方向に後押しした。

1回裏を三者凡退で終えた慶大は2回裏、4番・郡司が四球で出塁。その後、6番・小原が右前安打、そして7番・嶋田の適時打で1点を返した。この適時打が慶大に良い流れを引き寄せる。3回表、髙橋佑は東大打線をしっかり抑え、3回裏では、正木と郡司が四球、中村健人(環4・中京大中京)が相手の失策で出塁し、満塁のチャンスが訪れる。ここで打席に立ったのは、先ほども安打を放った小原。すくい上げた打球は走者一掃の適時二塁打となり、この回3点を追加する。

抜群の安定感で2回を18球で抑えた津留﨑

5回表、津留﨑大成(商4・慶應)がマウンドに上がり、安定した投球で東大打線を三者凡退で抑えた。その裏、正木の左前安打や四球、相手の暴投が重なり、慶大は2点を追加。6回表でも津留﨑は危なげない投球を演じ、打者の出塁を許すことはなかった。6回裏、2死二、三塁の場面で打席が回ってきたのは郡司。その勝負強い打撃力で右翼へ適時二塁打を放ち、3点の得点へと繋げた。

走者一掃の適時二塁打を放った郡司

7回表から登板したのは、新星・生井惇己(総1・慶應)。岡を自身最速の148キロで抑え、出塁させない。しかし、続く打者に安打や四球を許して、1死一、二塁という場面になるも、踏ん張りを見せ、この回を無失点で終わらせた。その裏に小原が四球で出塁すると、代走に春季フレッシュリーグで活躍した宮尾将(商1・慶應)が起用される。続く嶋田が中堅手の頭を大きく越す三塁打を放った。その打球で、宮尾はその俊足を生かしホームイン。続く瀬戸西純(政3・慶應)も二塁打を放ち、また1点を追加する。そして投球でも見せた生井が、初打席にもかかわらず適時打を打ち、打撃においてもその存在感を発揮した。

生井は安定した投球を見せ、リーグ戦初登板を飾った

8回表、生井は左前安打を打たれるものの、その後は危なげない投球を見せ、この回も無失点で抑えた。良い流れを掴んだままの慶大は、その裏、代打で入った植田響介(総3・高松商)が右翼方向へ打球を運び、1点を挙げた。9回表、マウンドへ上がったのは石井雄也(商4・慶應志木)。ここでも無失点に抑えたかった慶大であったが、2死一塁の場面で、代打・梅本に本塁打を打たれ、2点返されてしまう。しかし、その次の打者の打球を中飛にとどめ、4-13で初戦を勝利で飾った。

2回表に先制点を許すが、チャンスをものにして得点を重ね、大差をつけて白星を挙げた慶大。自分たちのプレーで流れを掴んだ一戦であった。また、終盤には、今後の活躍が楽しみである1年生のフレッシュな姿を見ることもできた。いよいよ始まった秋季リーグ戦。明日も東大に勝利し、優勝へ向けて勝ち点を挙げたい。

(記事:松田真由子 写真:左近美月、小嶋華)