21日、中山競馬場で行われた3R2歳新馬(ダ1800メートル)は、パイロ産駒のロンゴノット(牡2、高柳瑞=母ブリクセン)が1番人気にこたえた。

ポンとスタートを決めると、二の脚をきかせてハナへ。手応えよく直線に向かうと、馬なりのまま後続をグングンと引き離し、最後は9馬身もの差をつけてフィニッシュした。

藤田菜七子、今年29勝目!年間最多勝記録更新

戸崎「すごくいいバネ」

騎乗した戸崎は「追い切りからいい動きを見せていました。すごくいいバネがあって、期待通りの強さを見せてくれましたね。今後が楽しみな馬です」と将来性を高く評価した。