永井秀樹 ヴェルディ再建への道
トップチーム監督編(2)

(1)はこちら>>



ヴェルディ再建のためにトップチームの指揮を執る永井秀樹

 トップチームでもぶれない信念
「ヴェルディらしいサッカー」

 羽生英之社長の想いを受けて、永井秀樹は7月17日からトップチームの監督に就任した。その初日、永井はどう過ごしたのか、就任して1カ月。そのときのことを聞いてみた。

 トップチームに就任した7月17日、クラブハウスに向かう車のなかで永井は、槇原敬之の『世界に一つだけの花』オーケストラヴァージョンを繰り返し聴いていたという。その曲は、クラブユース選手権で優勝して日本一になった時、ユースの教え子たちに歌わせようと、練習させていた曲だった。

「ある日のミーティングで、選手たちに『俺たちが目指すのは、全員で共有し、共鳴してプレーして、観る人たちを感動させられるサッカーだ。『じゃあサッカーやスポーツ以外で、みんなで共有、共鳴して人々に感動を与えるようなエンターテインメントは何があるか』と質問した時、ある選手が『合唱やオーケストラ』と答えた。『その通りだ。俺たちは夏のクラブユースで優勝、日本一になるために心をひとつに合わせたい。そのために明日から合唱の練習を始めるぞ』と話をしたのが最初だった。

『応援してくれた両親や友達、サポーターに感謝の気持ちを込めて、クラブユースで優勝したら観客席に向かって合唱し、感謝の気持ちを伝えよう』と話した。それから週に1度、合唱の練習を始めた。

 普通だったら、『俺たち、サッカー選手なんですけど……』と思う選手がいてもおかしくないと思う。でも、全員一生懸命、大きな声を出して練習してくれていた。本当、いい子たちばかりだった」

 そんな思い出が詰まった曲を聴きながら、永井は「あえて何も考えないようにしていた」と言う。

 クラブハウスに到着すると、スタッフミーティングののち、まずはトップチームの選手が待つミーティングルームへと向かった。

 そして、選手たちの前でこう語りかけた。

「自分のやろうとしていることは、いたってシンプル。いいサッカーをして勝つ。いいサッカーとはヴェルディらしいサッカー。ヴェルディのサッカーをして勝つ。それを、やるかやらないか。

 できない言い訳をするのは簡単。でも、この場所にいる全員が同じ目標に向かい、このクラブのためにプレーできるか。『もっとできる』『もっといいサッカーをしよう』『あと一歩、前に出よう』。そういう気持ちを持てば、必ず勝利をつかめる。ここにいる仲間を信じて、針が振り切れるまで戦い続けよう」

 針が振り切れるまで戦い続ける。

 それはトップチームの選手に伝えたいメッセージであると同時に、ヴェルディ再建を託された自分自身に対する誓いの言葉でもあった。

 永井はその日、トップチームの練習が終わると、夕方にユース選手の待つ部屋へと向かった。

 部屋の中に入ると、すでに何人かは顔を伏せて泣いていたという。

「『プロの世界は何が起こるかわからない』。みんなにはずっとそう言い続けてきたが、今回、現実にそういうことが起きた、ということ。本音を言えば、クラブユースまではみんなと一緒に戦いたかった。でも、トップチームの危機を救うために、俺は行かなければならない」

 あえて淡々と話すと決めていたが、言葉はしだいに熱がこもっていった。

 永井は、この時にこみ上げてきた感情を振り返りながら、ユース選手たちとの思い出について語った。

 ユース監督就任時、「常に数的優位を維持し、90分間ボールを保持してゲームを支配する。全員攻撃、全員守備のトータルフットボールで相手を圧倒して勝つ」と高い理想を掲げていた。

「組織の力をより駆使して戦うことで、自分たちよりも体格や体力に優れた相手に勝つ、まさに合唱やオーケストラのように、全員で『共鳴』することに重きを置いたスタイル。それこそ日本人が世界トップレベルの国やクラブを相手にしても渡り合える、唯一無二の方法であると思っている」

 ただ、予想はしていたが、やはり高い理想を選手たちに落とし込むことは簡単ではなかった。就任当初はトレーニングマッチでも法政二高に3-8、横浜FCユースに0-7で完封負けという大量失点による連敗が続いた。すると、周囲だけでなく選手の間からも、永井から求められる高い理想と結果の出ない現実の狭間で、「今のまま続けていいのか」と不安に揺れ動く様子が伝わってきたという。

「俺は中途半端な気持ちで指導していない。本気でヴェルディを再建したい、世界で活躍できるような選手を育てたいと考えている。だから、お前たちに何を言われても高い理想を求める。新しい挑戦、まして世界基準を目指すのだから難しいことは当たり前だ。それでも、たとえユースの選手でも、ヴェルディのユニフォームを着る以上は、世界基準でサッカーを捉えるような考え方を忘れないで欲しい。

 ヴェルディの未来はきみたちにかかっている。それなのに、ヴェルディのユニフォームの重みや価値がわからないような選手、仲間のために戦えないような選手、中途半端な気持ちで”プロになりたい”ましてや”世界で活躍したい”とふざけたようなことを言っているような選手は、明日から練習に来なくて結構だ」

 横浜FCユースに大敗した直後、覇気の感じられない選手たちにそう言い放った。

 ユースはプロを目指す集団だからこそ選んだ厳しい言葉だった。ただ一方で、「自分の本意は若い選手たちに伝わるだろうか。もし本当に誰も選手がついて来なかったらどうしようか」という不安も少なからずあった。

 厳しい口調で話した翌日、グラウンドには選手全員の姿があった。

 誰一人ふてくされることもなく、前日とは明らかに違う真剣な眼差し。不安な気持ちはまだ抱えていたかもしれないが、指導者としての覚悟は伝わったように永井には思えた。

「ある意味、あの日が監督としてのスタートだった」(永井)

 永井が毎日のようにユースの選手に伝え続けたことがある。

「日本サッカーの未来のために、君たちのサッカーを強烈にアピールしろ。勝利することで、我々が考える日本サッカーの未来を発信しよう」

 そうしているうちに、「藤本寛也」「森田晃樹」「山本理仁」の3選手は世代別日本代表に選ばれると同時に、ヴェルディでもトップチームに昇格を果たした。

 彼らと積み上げてきた2年半という時間は、永井にとって「生涯忘れることのできない貴重な財産」になったという。

 永井は最後、選手たちにこんな言葉をかけた。

「もう自分がいなくても、お前たちは十分自分たちで戦えるようになっている。だから、自信を持ってクラブユースを戦ってほしい」

 監督としてスタートを切ったあの日と同じ真剣な眼差しで見つめる選手たち。純粋な気持ちが痛いほど伝わり、永井の胸には熱い思いがこみ上げ、涙が溢れた。

 こうしてユースの教え子たちと別れを告げた永井。翌日からは何の迷いもなく、トップチームの監督としてヴェルディ再建に取りかかり始めた。

 7月20日――。

 準備期間3日で迎えたJリーグ初采配、対愛媛FC戦。

 試合は前半で2点差をつけられる苦しい展開。

 しかし後半、悪い流れを断ち切り、劇的な逆転勝利を演出するきっかけを永井の愛弟子が作るとは、誰も予想できなかったに違いない。