「東レ パン・パシフィック・オープン」(日本・大阪/9月16日~22日/ハードコート)女子シングルスで、2年連続の決勝進出を決めた第1シードの大坂なおみ(日本/日清食品)。決勝の相手は世界41位のアナスタシア・パブリウチェンコワ(ロシア)だ。今回はそのパブリウチェンコワを紹介する。

パブリウチェンコワは現在28歳で、自己最高位は2011年に記録した13位。2006年「全豪オープン」ジュニアの部でシングルス、ダブルスともに優勝し、弱冠14歳でITFジュニア1位となった。その後プロに転身してからランキングを駆け上がってきたが、近年は30~40位前後が定位置となりつつある。

シングルスのタイトルは12個あるが、直近に獲得したのは2018年の「ストラスブール国際」で、それ以降は今年の「全豪オープン」で準々決勝に進出した以外は華々しい成績は残せていない。

しかし、今大会では1回戦からすべてストレート勝利を挙げており、2回戦で世界8位のキキ・バーテンズ(オランダ)、3回戦で土居美咲(日本)、そして準々決勝では世界15位のアンジェリック・ケルバー(ドイツ)をそれぞれ破っての勝ち上がり。

過去の大坂との対戦は2017年に1度だけで、そのときは大坂がストレートで敗れている。

雨天順延の影響で準々決勝、準決勝とダブルヘッダーの試合を勝利してきた大坂とパブリウチェンコワ。両者ともに疲労が溜まっているかもしれないが、決勝にふさわしい試合をしてくれることに期待したい。

大坂が「大阪で大坂が勝つ」を実現することができるのかどうかも注目される決勝は、本日の大会最終日、正午に試合開始予定。

◇   ◇   ◇

【パブリウチェンコワのプロフィール】

■生年月日

1991年7月3日(28歳)

■身長

177cm

■利き腕/バックハンド

右/両手

■「東レ パン・パシフィック・オープン」過去最高成績

準優勝(2017年)

■キャリア通算シングルスタイトル数

12個

■2019年の「東レ パン・パシフィック・オープン」前までの戦績

12勝16敗

(テニスデイリー編集部)

※写真は「東レ パン・パシフィック・オープン」でのパブリウチェンコワ

(Photo by Koji Watanabe/Getty Images)