21日、中山競馬場で行われた11R・ながつきステークス(3歳上オープン・ダ1200m)で4番人気、古川吉洋騎乗、ゴールドクイーン(牝4・栗東・坂口智康)が快勝した。5馬身差の2着に2番人気のヒロシゲゴールド(牡4・栗東・北出成人)、3着にラインシュナイダー(牡7・栗東・松永幹夫)が入った。勝ちタイムは1:09.0(良)。

 1番人気で戸崎圭太騎乗、ヴァニラアイス(牝3・栗東・高柳瑞樹)は、11着敗退。なお、15番アポロノシンザンは出走取消となっている。

【中山2R】菜七子が今年の29勝目をマーク

シニスターミニスター産駒 ゴールドクイーン

 外目の枠からゴールドクイーン、ヒロシゲゴールドが先手争いを繰り広げ、ゴールドクイーンがハナを奪うと、軽快に飛ばして3馬身ほどのリードで直線へ。直線半ばでは完全に1人旅となり、ラストは5馬身差の圧勝で力の違いを見せつけた。

ゴールドクイーン 14戦6勝
(牝4・栗東・坂口智康)
父:シニスターミニスター
母:サザンギフト
母父:タイキシャトル
馬主:加藤充彦
生産者:浦河土肥牧場