関東学生秋季リーグ(秋季リーグ)4日目、ここまで3戦未勝利の早大は、3連勝中の筑波大と対戦した。ここ2試合、惜しい内容の試合が続きながら勝ち星を挙げられていない早大。春からの成長を示すために何としても勝利したい一戦であったが、筑波大の強靭なフィジカルとディスタンスシュートに大苦戦。前半15分すぎから5連続失点を許すとその後は完全に筑波大のペースになり、最大で7点差にまで広げられてしまう。終盤、3点差に迫る猛攻を見せたがあと一本が出ずに敗戦。開幕から4戦勝ちなしとなってしまった。

 試合序盤は、両チームのゴールキーパーが好セーブを連発し締まった展開に。開始直後に強烈なディスタンスシュートで失点したものの、その後は早大の守護神、大沢アビ直美(スポ4=東京・佼成学園女)が好セーブを見せると、対する筑波大のキーパーも杉山瑞樹主将(社4=神奈川・横浜創英)のサイドシュートをセーブするとそのこぼれ球を押し込もうとした紅林詩乃(スポ2=東京・佼成学園女)のシュートもセーブし早大に得点を許さない。だが、時間が経過するにつれて筑波大が攻勢を強め始め、徐々に失点が増え始めていく。早大も紅林のポストシュートなどで反撃を目論むが、吉田瑞萌(スポ3=東京・佼成学園女)のシュートが3本連続でポストに当たるなど、シュートまでは持ち込むものの得点を奪うことができない。連続失点が続き、流れを変えるべくタイムアウトを要請し選手の配置を変えるも、流れは変わらず。その後は両チーム交互に点を奪い合うような展開で、あまり点差が動かずに前半が終了。10ー16の6点ビハインドで後半へ臨むことになった。


相手の激しいマークにあう紅林

 後半、逆転を目指す早大は大沢に変えて北村早紀(スポ4=群馬・富岡東)を起用。その北村が起用に応えてセーブを見せると、直後には相手が2分間退場となり数的優位の状況に。畳み掛けたい早大だったが吉田の7メートルスロー以降得点を奪えないでいると、キーパーを下げて6人で攻撃を仕掛けてくる筑波大の攻撃に耐えきれず、数的優位の場面ながら失点してしまう。その後も筑波大が5点から7点リードする展開が続き、試合は終盤に。なんとしても追いつきたい早大は佐藤優花(スポ1=東京・佼成学園女)が技術の高さを見せ連続得点を奪い反撃の狼煙を上げると、直後には速攻から抜け出した衣川紗菜(スポ3=愛知・旭丘)が倒され7メートルスローを獲得。これを吉田がしっかり決め、残り5分で3点差、その上相手が1人少ないというまたとないチャンスを得る。しかし、またしても1人少ない相手に得点を許してしまい万事休す。結局、一度もリードを奪うことができずに敗戦となった。


積極的な仕掛けでチームに流れをもたらした佐藤

 これで開幕から4戦未勝利。春の上位チームに一度も勝利することができずに終わってしまったが、チームとしての課題が明確になった。秋季リーグも残り3試合、その課題を改善して全勝で全日本学生選手権へ進みたい。

(記事、写真 稲葉侑也)

※掲載が遅くなり、申し訳ありません

関東学生秋季リーグ
早大2310-16
13-11
27筑波大
GK大沢アビ直美(スポ4=東京・佼成学園女)
LW杉山瑞樹(社4=神奈川・横浜創英)
LB吉田瑞萌(スポ3=東京・佼成学園女)
CB岡崎麗(教3=埼玉・浦和実)
PV紅林詩乃(スポ2=東京・佼成学園女)
RB阿部美幸(スポ2=東京・佼成学園女)
RW衣川直緒(社3=愛知・星城)