「東レ パン・パシフィック・オープン」(日本・大阪/9月16日~22日/ハードコート)の大会6日目、女子シングルス準々決勝で第1シードの大坂なおみ(日本/日清食品)が世界36位のユリア・プティンセバ(カザフスタン)と対戦。6-4、6-4で大坂が勝利し、準決勝進出を果たした。

勝利した大坂は、準決勝でエリース・メルテンス(ベルギー)と対戦する。メルテンスはカミラ・ジョルジ(イタリア)を破っての勝ち上がり。準々決勝が雨で順延となっていたため、準決勝も本日中に行われる予定。

第2セットも大坂のサービスゲームから。第1セットを6-4で先取した大坂は、第1ゲームで15-40といきなりのピンチを迎えた。2本しのいでデュースに持ち込んだが、プティンセバのドロップショットを返すことができずにブレークを喫する。

しかし、直後の第2ゲームでプティンセバのミスを突いて大坂がブレークバックに成功。そして第3ゲームを危なげなくキープした。

続く第4ゲームでプティンセバのダブルフォルトによってデュースに持ち込んだ大坂は、今度はドロップショットをしっかりと返してアドバンテージを奪う。そしてこのチャンスを活かしてブレークに成功し、1ブレークアップとした。

ブレーク直後の第5ゲーム、大坂はネット際の攻防を制してラブゲームでキープ。リードを保つと、第7ゲームもラブゲームでキープ。プティンセバに隙を見せない大坂がリードを譲らず、ゲームカウント5-2へ。

大坂のサービング・フォー・ザ・マッチとなった第9ゲーム。大坂はここでマッチポイントを握ったが、プティンセバにしのがれてしまう。そしてデュースで粘りを見せたが、4本目のブレークポイントをしのぐことができずにブレークバックを喫し、ゲームカウント5-4とされた。これには大坂も思わずしゃがみ込んでしまった。

しかし、続く第10ゲームで15-40と2本のマッチポイントを握った大坂。ただそのポイントでプティンセバが左足を痛めたため、試合が一旦中断。棄権かと思われたがメディカルタイムアウトを取ったのち再開へ。それでも大坂が落ち着いてブレークに成功し、6-4で第2セットを連取して勝利を決めた。

大坂はこれまでプティンセバに0勝3敗だったが、この生まれ故郷で待望の勝利を挙げた。

(テニスデイリー編集部)

※写真は「東レ パン・パシフィック・オープン」での大坂なおみ

(Photo by Koji Watanabe/Getty Images)