20日、スバルテクニカインターナショナル(STI)は、東京都三鷹市の「STIギャラリー」の東側のリニューアルを完成させ、全館リニューアルオープンすると発表した。オープンは9月21日から。

STIギャラリーは、ファンとのきずなを深めるコミュニティスペースとして、2019年1月に大規模なリニューアルを行った。当時から、乗車可能な展示、ニュルブルクリンク24時間レースのクラス優勝トロフィとの記念撮影、多数の歴代実戦車展示、メッセージが自由に書き込める柱「きずなの柱」、歴代競技車のミニカー展示、グッズ販売、車両相談など、見て楽しむだけでないファン目線、オーナー目線の場所として注目を集めた。ネットで調べて、アジア、欧米、アフリカなどからもファンが訪れる「聖地」ともなっていた。

しかし、このときのリニューアルはギャラリーフロアの半分ほどで、東側のスペースの改修はされなかった。今回、ようやく残りのスペースのリニューアルが終わり、晴れて全館のオープンとなった。

新たに追加された展示・施設は次の通り。

1:STI黎明期と同社初代社長久世隆一郎氏の半生を綴ったパネル
2:STIの歴史と技術に関するライブラリー
3:各種イベント展示用ブース(CUBE #A、#B、#C)
4:読書他が楽しめる休憩スペース

ライブラリーには、STI関連の書籍やムック、ビデオソフトなどが収蔵されている。もちろん、どれもギャラリー内でじっくり読むことができる。つまり、ギャラリーには長居してもいいということだ。STIによれば、むしろこれまで、来訪してもゆっくりくつろげる場所がなかったので、そういう場所をつくりたかった(スバル広報部上級担当部長経営企画本部上級担当部長岡田貴浩氏)そうだ。

20日のオープニングイベントにはアメリカから「スビー・フェスタ」を主宰しているロバート・チャンピオン氏がスペシャルゲストとして招かれた。スビー・フェスタは、北米のスバルファンが集まるオーナーイベントのひとつ。毎回3000人規模のスバルファンが自分のクルマで参加する、いわば大規模なオフ会だ。チャンピオン氏は、車両や展示を見て「実際の競技車両に触れるだけでなく、車両や技術、選手の歴史も学べるとてもいい場所」と評していた。

イベント用ブースは、各種企画展示のためのキューブ状のスペース。リニューアル第一弾の展示は、久世氏の名言やエピソードを集めたパネル(CUBE #A)、STIロゴの変遷を綴ったパネル(CUBE #B)、そして久世氏がWRCで世界中を飛び回っていたときに使っていたカーボン製のアタッシュケースと扇子。傷の具合やボール紙で中仕切りを自作していたりと、当時の久世氏の仕事ぶりと人柄をうかがわせる重みがある。

今回の展示にあたっては、久世氏の秘書を長年勤め、WRCにも何度も同行したという佐々木智沙氏、サファリラリー参戦(レオーネ)のころからSTIでモータースポーツに関わってきた日浅英之氏、STIのロゴデザイン等にたずさわった大澤崇人氏、そしてSTI 営業部次長篠田淳氏らが中心となって企画を考えた。

ギャラリー内は、全体が撮影ポイントのようなものだが、STI公式ツイッターアカウントのジョージ(常時)くんと記念撮影できるコーナーやハッシュタグ(#stigallery)のパネル、ストラットアッシー風の傘立てなどもある。

平日はSTI社員がスバル車やモータースポーツについての質問にも対応してくれるが、全館リニューアルオープン後は、土日もSTI社員もしくはアンバサダー(4名の女性)が常駐し、同様な対応をしてくれるという。