立教大学 1 - 2 法政大学
勝:朝山 敗:田中誠
本塁打:なし

投手戦を制した法大が先勝

序盤から両先発が好投。神宮初先発となった法大・朝山(④作新学院)、6季連続開幕投手の立大・田中誠(④大阪桐蔭)が互いに4回まで一人のランナーも出さないパーフェクトピッチングを見せる。
その後も6回まで0-0が続くが、均衡敗れたのは7回裏。田中誠から法大4番・伊藤(④中京大中京)が四球を選び5番・福田(④大阪桐蔭)がツーベースを打ちチャンスメイクすると、続く6番・毛利(④愛工大名電)が代わった立大・中崎(③立教新座)から右中間を破るタイムリースリーベースで2点先制。
8回表に立大・伊藤智(③高田) のタイムリー内野安打で1点を返すも、9回は今季は抑えを務める法大・三浦(②福岡大大濠)が三者凡退に抑えゲームセット。
先週の流れそのままに、今日も法大がロースコアのゲームを制した。