「オオサカ生まれの人は、全員、オオサカさんになるのよ」

 そんなジョークで彼女がアメリカの記者たちを笑わせたのは、もう5年前のことである。



地元でのプレッシャーを楽しさに変え、順調に初戦を突破した大坂なおみ

 カリフォルニア州開催のWTAツアー大会に予選を勝ち上がって出場すると、彼女は初戦で当時19位のサム・ストーサー(オーストラリア)を大接戦の末に撃破した。

 まだ16歳、国籍は日本、オオサカ・シティ生まれのオオサカ・ナオミ――。

 大会のメディア担当者ですら、彼女に関してその程度の情報しか持ち合わせていなかった。ほぼ無名の少女による、あまりにセンセーショナルなツアーデビュー戦である。

 その当時の無名の少女は今年、2度のグランドスラムホルダーとして、3歳まで過ごした生まれ故郷に帰還した。

 例年は東京の有明コロシアムで開催される東レ・パンパシフィックオープンだが、同会場が東京オリンピックに向けて改装中のため、今年は大阪市開催の運びになった。会場は、西区にある靭(うつぼ)公園内の靭テニスセンター。そこは、父親と姉・まりが練習する横で、幼き日のなおみが戯れにラケットを振りボールを追った、言わば始まりの地である。

 今年、その始まりの地である靭テニスセンターの練習コートに向かう彼女には、トレーナーの茂木奈津子にパフォーマンスコーチのアブドゥル・シラー、そして両親が付き添っていた。今年の3月にコーチに就任したジャーメイン・ジェイキンスとの契約は、全米オープン後に解消。今大会には父親が、コーチとして帯同している。

 ではなぜ、今このタイミングでのコーチ変更だったのか?

 その問いに対し、大坂は「何かを変えるには、今だと直感した」と言った。

「もちろん、このタイミングでのコーチ変更は、リスクはある。でも、父は私のテニスの原点なので、そこに戻るという意味合いもあった。

 一緒に練習していると、子どもの頃の感覚が戻ってきたように感じるの。父はそれほど多くを語る人ではないけれど、だからこそ、自分で答えを見つけなくてはいけないし」

 父親が球出しするボールを打ちながら、何が必要なのかを考え、正しい方向を自ら模索する――。まるで父娘の対話のような練習を、彼女は今、望んでいたのかもしれない。

 そのような、父親との練習で体得した「自分で答えを見つける」という習慣は、今大会の初戦で、大坂を勝利に導いた要因だっただろう。

「とても勝ちたかったから、ナーバスになっていた」という世界4位は、サーブの制球に苦しみ、181位のビクトリア・トモバ(ブルガリア)相手にいきなり2連続ブレークを許す。センターコートに詰めかけたファンたちは、まさかの展開に深い悲鳴に似た声を漏らした。

 だが、そんな周囲の不安をよそに、コートに立つ大坂は、冷静に現状を分析していたという。

 自分の立ち上がりが悪いであろうことは、言ってみれば想定内。相手の緩いボールや、高い軌道のボールにタイミングが合わず、手こずってはいたが、どこかで捕らえられるだろうとの思いもあった。そしてひとたび適応さえできれば、「パワープレーヤーである自分が主導権を握れる」と感じ、だからこそ慌てずに済んでいたという。

 本来ならフォアで攻めたいところを、相手に執拗にバックをつかれたことも出遅れた一因だが、「無理にストレートに打つのではなく、チャンスがあればアングル(鋭角)に打っていこう」と判断し、実際にそうすることで相手の攻め手を封じていった。両セットともに追いかける展開ではあったものの、終わってみれば、7-5、6-3の順当な勝利である。

 試合後のオンコートインタビューでは、好物のたこ焼きはすでに食べたと告白し、「でも、お好み焼きはまだ食べていない」と続けて、大阪のファンを沸かせた。

 地元での試合はどの選手にとっても、サポートと重圧の正負双方を背負いながらの戦いとなる。だが、大坂は「どの町でプレーしても、プレッシャーにはならない」と断言する。

 それでも、彼女はどうしても、今大会で優勝したいのだと言った。

「だって、大阪で大坂が勝たないなんて、おかしいじゃない?」

 それが勝ちたい理由だと、オオサカ生まれのオオサカさんは笑う。

 地元のプレッシャーも独自のユーモアで交わしながら、優勝に照準を定める原点回帰の戦いで、まずは上々のスタートを切った。