第2弾は立大野球部を語る上で外すことのできない2人です。主将として、4年生として、最後のリーグ戦に臨む藤野選手。そして、チームを「優勝」に導くため、立ち上がる溝口監督にお話を伺います。

◇藤野隼大選手(営4=川越東)◇

―主将として1シーズンやって感じたことはありますか
今までは先輩がチームの方針を決めてまとめてくれて、自分はプレーに集中できていました。しかし最上級生になり、主将としても、最上級生としてもチームを引っ張らなければならない立場になって、野球だけをやる立場ではなくなりました。そういった点が難しいと感じました。周りへの目配りなどをしなければならない中で戦っていました。
―4年間で一番印象に残っている試合はありますか
大学入って初めて本塁打を打った打席ですね。高校でもそんなに本塁打を打つタイプではなく、大学では本塁打を打てないだろうなと思っている中で打てたので、すごく印象に残っています。チームとしては優勝した2017年の明大戦です。4年生がすごく良い形を作ってくれて勝つことができたので。先輩方のすごさを感じた試合でした。
―4年間で成長したと思う点はありますか
3年までは先輩にくっついて野球をやっていて、すごく自分主義でした。しかし4年になり主将になったことで、周りの人たちや入ってくる1年生のケアもしなければなりませんでした。完全な自分主義から、周りが見えるようになったので、そこの成長が一番大きいと思います。
―同期で会えてよかった人はいますか
同じ捕手の小松(済4=習志野)です。名門で高校3年間スタメン出場していた選手で、プライドもあったと思うのですが、僕が出させてもらって。小松自身も試合に出たいと思っている中で僕の練習に付き合ってくれたり、技術面でも精神面でもサポートしてくれたりしているので、会えてよかったなと思います。あともう一人が、長谷(コ4=報徳学園)です。毎晩自主練に付き合ってくれて、人としてもしっかりしているから。
―秋について ラストシーズンという実感はありますか
この夏のキャンプですら最後でしたし、春のリーグ戦も最後でした。これから起こることは全て最後だと感じながら毎日過ごしています。
―秋リーグのチームの目標はなんですか
優勝です。
―最後にファンに向けてひとこと
2年以上優勝から遠ざかってしまっているので、チームとして勝てるように頑張って行きたいので今年も応援よろしくお願いします。

藤野隼大(ふじの・はやた)1998年1月7日生まれ。経営学部4年。右投右打/捕手/川越東/181㌢85キロ。今年買ったグローブには、「楽しく」という意味の「悠々閑適」と入れた。これまでの4年間を胸に、大学生活で最後のリーグ戦に挑む。

◇溝口智成監督(平成3年卒=湘南)◇

―春のシーズン振り返っていかがでしたか
結果が示す通り、6勝6敗の4位ですから、本当にふがいない成績です。ピッチャーは田中誠(コ4=大阪桐蔭)がなんとか頑張ってくれたけど、ピッチャー陣としてはそれに続く投手がおらず、バッターの方では得点力が全く働かない春でした。
―キャンプで毎日紅白戦をした意図は何ですか
結局いくら多くの練習をしても、実践の中でその力を発揮できないと意味がないです。キャンプ中だと結構練習時間も長くなります。例えばバッティング練習も長くやったりしますけど、それもなんのためと言ったら、実践で結果を出すためです。その実践でどんな結果になるかをある意味突きつけようと思いました。でも、うまく行く人もいれば、全然練習の割には打てない人もいます。練習に満足させないというか、数やればいいわけじゃなくて、実践の中で結果を出すための練習になっているかどうかです。打てないときは何がいけないのかというところを向き合ってほしいというのもあって、実践を、紅白戦を入れました。それはピッチャーもそうです。ブルペンでよくても、バッターが立ったらどうかというのもありますし、いくらいいボール放っても、バッターにそれがいいボールでなければ打たれるわけで、とにかく実践の中でどれだけの力がついているのかを見るため、感じてもらうためにやりました。
―この夏で重点的に鍛えているところは
実践の中での表現力。表現力というのは力を表現すること、持っている力を表現すること。どうやって実践の中で自分の力を発揮するのか、できるのか、させるのかを最大の論点を置きました。
―2試合目の投手が課題ですか
それだけではないですけど、投手という意味でいうと、田中誠がやってくれるのは当然期待しないといけません。しかし、それだけではなかなか勝てないので、もちろん2戦目のピッチャー、田中誠が降りた後のピッチャーは課題ではあります。
―怖いチームはどこですか
どこも一緒です。優勝するという意味で言ったらどこも落とせないし、どこも組みやすいところがないので、チームがケアするとかはないです。しかし、慶大と明大には非常に分が悪いので、ここ数年。慶大、明大は、なんとか乗り越えないといけないと思います。
―キーマンは誰ですか
ピッチャーは田中誠、バッターは江藤(済4=東海大菅生)。田中誠はやってもらわないと困ります。誰もが認めるうちのエースで、1戦目3戦目は間違いなく(田中誠が)行くわけです。春、最優秀防御率とりましたけど、秋もそのくらいのものを残してもらわないとやはり優勝はできないのかなと思います。得点力をあげる意味だと、率はそんなに上がらないかもしれないけど、チャンス、ここぞというところで、仕事をしてくれる期待感があるのは江藤です。4年でもあるのでそういう打順を任せようかと思っているので、江藤だと思います。
―秋リーグの目標
優勝。優勝です。まずはリーグ戦優勝。それだけです。

溝口智成(みぞぐち・ともなり)2014年度から立大の監督に就任。秋リーグ「優勝」に向け、今日も熱い指導を繰り返す。

(取材・内村彩香、川田怜旺/編集・松下ひまり)