写真:早川周作社長/提供:琉球アスティーダスポーツクラブ株式会社

18日、琉球アスティーダはTリーグチーム史上初となる、チーム応援自動販売機の設置を発表した。こちらの自販機はサントリーフーズ沖縄とのタイアップで、売り上げの一部がチーム支援に充てられる。

様々な支援の形




写真:チーム応援自動販売機/提供:琉球アスティーダスポーツクラブ株式会社

今回の応援自販機だが、年内に沖縄県内で100基の設置を目標としており、ご自宅、体育館、卓球場、空き地などスペースをご提供いただけるオーナー様の募集も開始。

自販機でドリンクを購入することだけでなく、設置することでもチームの支援に繋がる。

すでに琉球アスティーダ卓球アカデミーに設置しており、今後バルコラボグループ店舗でも設置を進めていく予定とのこと。
自販機を見かけた際はドリンクの購入を検討してみてはいかがだろうか。

琉球アスティーダスポーツクラブ株式会社・代表早川周作氏コメント

ふるさと納税に続き、琉球アスティーダを応援していただける形を、日々模索しております。

日常生活の中でチームを応援していただける環境を創出していくことが、重要だと考えております。

琉球アスティーダ卓球用品物販サイトもそうですが、日々の積み重ねがチーム運営にとって非常に重要だと考えます。

このお洒落なアスティーダの自動販売機が全国津々浦々に設置されることで、Tリーグがより浸透し、盛り上がっていくことを切に願っております。

文:ラリーズ編集部