スズキは、9月25日から27日に東京ビッグサイトで開催される「第46回 国際福祉機器展 H.C.R.2019」に福祉車両5台と電動車いす6台を出展する。

今回のスズキブースでは、8月に一部仕様変更を行ない、夜間歩行者検知に対応した衝突被害軽減ブレーキ「デュアルカメラブレーキサポート」を標準装備した「エブリイ 車いす移動車」「エブリイワゴン 車いす移動車」をはじめ、福祉車両ウィズシリーズの全ラインアップ5車種を展示。あわせて、安心・安全な運転を支援する予防安全技術「スズキ セーフティ サポート」をパネル展示にて紹介する。

さらに、セニアカーやモーターチェアなどの電動車いすの展示に加え、セニアカー試乗コーナーを設置。セニアカー(ET4D、ET4E)に採用している、傾斜お知らせ機能や音声案内などの安心機能、優れた操作性を実際に体験できる。