U-20W杯を経験した2人の若者がこの夏、海を渡った。2人はともにオランダ1部リーグでプレーし、そろって開幕戦でゴールを決めている。

 AZの菅原由勢はスタメン争いの真っ只中。そしてトウェンテの中村敬斗は、ここまで全試合に先発している。開幕から2試合連続で得点したあと、3試合ノーゴールが続いたが、第6節のフォルトゥナ・シッタルトとのアウェー戦で4戦ぶりにゴールを決めた。チームも3-2で勝利。PSV、アヤックスなどとの首位争いに食らいついている。



フォルトゥナ・シッタルト戦で先制ゴールを決めた中村敬斗(トウェンテ)

 中村はこの試合で先制ゴールを決めると、2点目もアシスト。だが、試合後は晴れやかな表情とはいかなかった。前半終了間際、相手サイドバックにボールが入りかけたところにスライディングタックルにいき、一発退場となったのだ。

「ワンゴール、ワンアシスト、ワンレッド。笑えないけど」と、苦笑するしかなかった。

 トウェンテは4-3-3のシステムで、中村は前線の左に入った。この日はピッチコンディションが悪く、多くの選手が芝に足を取られて転び、中村も体勢を変えようとした際に芝に手をつくようなシーンも見られた。

 序盤、右サイドから中村にサイドチェンジのボールが入る。パスの出し手であるアイトール・カンタラピエドラは中村をディフェンスの裏に走らせたかったようだが、意図が合わずにボールは大きく流れ、ゴールキックになった。

「あのシーン、僕はボールを待つか抜け出すかで悩んだけど、彼は1点目みたいな形を狙っていたんだと思う」

 その先制点はまさに、右サイドの敵陣に入ったあたりから、カンタラピエドラがディフェンスラインの裏へと長いボールを送ったことで生まれた。抜け出した中村はそのボールを右足でトラップ。前に出たGKと戻ろうとするDFの隙をついた、フワッとしたシュートをゴールに流しこんだ。

「彼(カンタラピエドラ)は正直、めちゃくちゃうまいんです。1点目はドンピシャ、最高のパスだった」

 そう味方を称えながら、ゴールは最近の練習の成果でもあると説明した。

「練習で、以前から監督に求められてきたことだったんです。逆サイドからボールが来た時には走る。『ディフェンスの背後から走ると相手もわかりにくいし、抜けたらビッグチャンスになるから』と言われていて、練習でもやっていたので。試合ではなかなかそういう形が狙えていなかったのが、最近は徐々にフィットしてきました」

 フィットするというのは新加入選手にとって重要なテーマだ。だが、それには時間もかかる。中村にとってラッキーだったのは、代表戦ウィークにじっくりチームと向き合えたことだ。

「最初のほうはポンポンと点を入れられたのに、最近の3試合なかなか難しい試合だったんですけど、この一週間、代表ウィークで(試合が)空いて、チームで練習できたことが自分にとってプラスになっていて、これでよりフィットしました。練習からもっと自分を出せるようになったので、今日の試合は自信を持って臨めたというのが正直なところです」

 前半24分のチームの2点目は、中村がプレスをかけてボールを奪ったところから始まった。いったん味方につけ、そのリターンを受けた中村がハビエル・エスピノサに預ける。エスピノサはドリブルで運びネットを揺らした。

「今日は左で連動して奪えていたし、プレスも早くいけていました。僕はこの2点以外にも、もっと点を取れるチャンスがあったと思う。でも、点を取る以外のプレーもよくなっているのは事実です」

 そう話す中村は、この試合で何かをつかんだ様子だった。

 試合終了の時点では、出場停止などの処分が決定しておらず、次節ヘラクレスとのダービー戦への出場を切望。「正直、いい流れなので、この流れを切りたくないんですよね。(出場可能になることを)祈るしかないです」と話していた。

 だが、試合翌日に2試合の出場停止が決定(うち1試合は執行猶予)。ダービーへの出場は叶わず、連続先発出場も6で途切れた。上昇気流をつかみかけた矢先の小休止は残念だが、ここは気持ちを切り替えて、こうした機会を利用して心身をリフレッシュすることも大事だろう。