「東レ パン・パシフィック・オープン」(日本・大阪/9月16日~22日/ハードコート)に第1シードで出場する大坂なおみ(日本/日清食品)。今大会1回戦は免除で、初戦となる2回戦では世界181位(ランキングは9月16日付け)のビクトリヤ・トモバ(ブルガリア)と対戦することが決まっている。

大坂とトモバは、今回が初対戦となる。

今大会予選から勝ち上がったトモバ。本戦1回戦では同じく予選勝者で、世界ランキングでは格上の相手・世界57位アリゼ・コルネ(フランス)を2時間48分の熱戦の末に撃破した。

大会公式サイトによると、そのトモバは1回戦後の記者会見で大坂について「彼女は本当に素晴らしい偉大なプレイヤーで、これまでに全米オープンで優勝するなど、しっかりと実力を見せてきています。なので、彼女相手に良い結果を出すというのは非常に難しいことなのかもしれません」と話した。

「トップ10に入っている選手ですので、私は彼女に対して大きな深いリスペクトを持っています。ただ、これだけ優れた選手と戦えるのは、自分自身とても幸せだと感じています。というのも、いわゆる私はこれだけの選手が相手なのであれば、こちらに失うものは何もないと思いますので。次の試合でも私の最高のテニスを出して、それがどのような結果に結びつくか見てみたいと思っています」

自身のテニスの強みについては「やはり安定したテニスができるというのが私の強みだと思っていますし、ポイントをちゃんと積み上げていくためのショットを持っていると思っています。その中でやはりドロップショット、あるいはバックハンドも手堅いものを持っていると思っていますので、そのあたりが私のキーになるのではないかと思います」と話した。

一方、トップ10選手として迎え撃つ大坂は、15日の本戦前記者会見で「ここ東レ パン・パシフィック・オープンで二度決勝進出したことがありますけれども、いずれも敗れているので、やはり今度は勝ちたいという気持ちを強くもっています」と意気込んでいる。

「サーフェスについてはよくわかりませんが、ハードコートですので自分にとっては有利に働いてくれるのではないかと思っています」

コーチ解任後の新体制初陣となる「東レ パン・パシフィック・オープン」。大坂が日本の舞台で、初戦にどのようなプレーを見せるか注目される。大坂とトモバの2回戦は、18日の大会3日目に行われる予定だ。

(テニスデイリー編集部)

※写真は2018年「ウィンブルドン」でのトモバ

(Photo by Clive Mason/Getty Images)