写真:石川佳純(全農)/提供:ittfworld

<ITTF-ATTUアジア卓球選手権大会 2019年9月15日~22日>

大会2日目となる9月16日、男女団体戦の決勝トーナメントが行われた。日本は男女ともに本戦からの出場となり、ともに初戦となる準々決勝を勝ち抜いている。

張本敗れるも男子はインドに勝利




写真:吉村真晴(名古屋ダイハツ)/提供:ittfworld

男子ではエースとしての活躍が期待される張本智和(9月世界ランキング5位・木下グループ)が、サイチヤン・ガナナセカラン(同30位・インド)に敗れる波乱があったものの、吉村真晴(同60位・名古屋ダイハツ)と神巧也(同92位・T.T彩たま)がしっかりとサポートし、3-1でインドに勝利した。

一方女子の試合では、佐藤瞳(同19位・ミキハウス)が団体戦に出場。1ゲームを落としたが無事勝利し、チームも3-0で勝利を収めた。

大会3日目の9月17日は女子団体戦の準決勝、決勝、順位決定戦、および混合ダブルスの2回戦までが行われる。

日本女子準決勝 見どころ




写真:2017年大会シングルス優勝の平野美宇(日本生命)は厳しいマークを抜けられるか/提供:ittfworld

日本 ― チャイニーズタイペイ

女子の準決勝の相手は、難敵の中国香港を破ったチャイニーズタイペイ。

鄭怡静(チェンイーチン・同10位)と陳思羽(チェンズーユ・同23位)の2枚看板を破らなければならない。ともにTリーグにも参戦しており、お互い手の内を知り尽くした相手となる。

そのため、石川、平野のマークが厳しくなることが予想され、佐藤瞳や芝田沙季(同27位・ミキハウス)らの活躍が重要となりそうだ。

日本はチャイニーズタイペイを下して、決勝に進めるか注目だ。

文:ラリーズ編集部