試合終了後のCTB栗原由太主将の表情は、先週とは一転、満面の笑みとなっていた。筑波大に逆転負けしてから1週間。前回の敗戦からどこまで修正できたかが鍵となる今試合は、成蹊大との対戦となった。慶大は前半3分、幸先よく先制点をあげ、そのまま流れをつかむかと思われた。しかし反則が続き、押してはいるものの得点には結びつかない場面も散見される。だが、フッカー原田衛の3トライ、SO中楠一期の精度の高いキックがあり、前半だけで47点を奪った。後半も、NO・8山本凱が4トライを挙げる活躍をみせ、キックを任されたWTB高木一成も着実に7本を成功させて、ノーサイド。慶大は、今季対抗戦初の3桁得点で対抗戦前半を終えた。

 
 前半開始早々、試合は動く。3分、慶大の持ち味の低く鋭いタックルを受けた成蹊大のラックからボールがこぼれる。それを見逃さなかったSH若林俊介が相手ディフェンスをかわしそのままトライ。好調な滑り出しとなった。このまま勢いに乗りたい慶大だが、スクラムでのアーリーエンゲージやホールディングなどミスが続く。一方の成蹊大も、反則を重ねてしまい、なかなか慶大陣地でプレーができない。そんな中で、BK陣はディフェンスのギャップをつき、FW陣はフィジカルの強さが光るなど、慶大は選手それぞれが自らの良さを存分に発揮していく。また、モールを形成し押し切って得点を挙げるなどチームプレーも見せ、38分までに7トライ6ゴール。しかし、40分、ノットロールアウェイの反則から、成蹊大ボールとなり、自陣22メートル内でのプレーを許す。ピンチを迎えたが、ゴールラインを死守するディフェンスで成蹊大のノックオンを誘い、47―0で前半を折り返した。


チーム最多4トライを決め、MOMに選ばれたNO・8山本凱

 
 慶大のキックオフで始まった後半。敵陣10メートルライン付近でのラインアウトを成功させた慶大は、ラックからの素早い球出しから細かくパスを回し、ラインブレイク。徐々に前進する。そして後半1分、山本がタテ突破し、最後は若林がグラウンディング。後半最初の得点を奪った。続く4分、ハーフウェイライン付近での成蹊大ボールのラインアウトをカットした慶大は、相手ディフェンスを上手くかわした若林の大きなゲインの後、山本が走り込んで右隅にトライ。攻撃の人数がそろっていないながらも、冷静に展開した。また、9分、13分にも山本が得点を挙げ、さらに成蹊大を突き放していく。その後は我慢の時間が続いたが、31分に追加点を獲得。試合終盤になると、成蹊大の選手の足が止まり始め、その隙をついて次々に得点を奪う。そして、慶大に101点目が入ったところで試合終了。100点ゲームとなった。


司令塔の1年生SO中楠一期 今試合でも正確なキックを見せた

 
 終わってみるとスコアは101-0と対抗戦初の3桁得点、さらに無失点に抑えた慶大。その勝利の喜びは、栗原主将の笑顔が物語っていた。前回は屈辱の敗戦を喫したこともあり、いつも以上に気持ちも入っていたと推測される。それは、スクラム、ラインアウトなどセットプレーが安定していたことや、個々のアタックの力強さにも表れていた。その一方、課題も見えてきた。慶大はチームディフェンスを強みとしているが、今試合では特に後半でそれが崩れてしまった。また、反則で好機を逃すなどミスも目立つ。これらの課題に真剣に向き合い、休止期間にどれだけパワーアップできるか。対抗戦前半を良いかたちで終えた慶大フィフティーンの今後の戦いにも注目したい。

(記事 初見香菜子、写真 千葉洋介、山口日奈子)

※掲載が遅くなり、申し訳ありません




関東大学対抗戦
慶大スコア成蹊大
前半後半得点前半後半
4754
101合計
【得点】▽トライ 山本4、今野3、原田3、若林2、相部、川合、安田 ▽ゴール 高木(7G)、中楠(6G)
 
※得点者は慶大のみ記載
関東大学対抗戦Aグループ順位表(9月17日現在)
順位チーム試合得点失点得失トライ
明大33003013826345
早大33002121819432
帝京大33002174417333
慶大32011502013022
筑波大310258125‐679
日体大200340230‐1905
青学大300310207‐1971
成蹊大300319293‐2743
勝ち数の多い大学を上位とし、勝ち数が並んだ場合は同順位とする。
関東大学対抗戦Aグループ星取表(9月17日現在)
 帝京大早大慶大明大筑波大青学大日体大成蹊大
帝京大11/10 14:00秩父宮11/30 11:30秩父宮11/24 14:00秩父宮11/4 14:00駒沢◯80‐7◯59‐30◯78‐7
早大11/10 14:00秩父宮11/23 14:00秩父宮12/1 14:00秩父宮◯52‐8◯92‐0◯68‐1011/4 11:30駒沢
慶大11/30 11:30秩父宮11/23 14:00秩父宮11/10 11:30秩父宮●14‐17◯35‐311/4 14:00上柚木◯101‐0
明大11/24 14:00秩父宮12/1 14:00秩父宮11/10 11:30秩父宮◯59‐3311/4 11:30上柚木◯103‐0◯139‐5
筑波大11/4 14:00駒沢●8‐52◯17‐14●33‐5911/30 14:00江戸川11/24 14:00敷島11/10 14:00熊谷B
青学大●7‐80●0‐92●3‐3511/4 11:30上柚木11/30 14:00江戸川11/10 11:30熊谷B11/24 11:30敷島
日体大●30‐59●10‐6811/4 14:00上柚木●0‐10311/24 14:00敷島11/10 11:30熊谷B11/30 11:30江戸川
成蹊大●7‐7811/4 11:30駒沢●0‐101●5‐13911/10 14:00熊谷B11/24 11:30敷島11/30 11:30江戸川

※秩父宮は秩父宮ラグビー場、熊谷および熊谷Bは熊谷ラグビー場、帝京大Gは帝京大学百草園グラウンド、早大Gは早大上井草グラウンド、足利は足利市総合運動公園陸上競技場、江戸川は江戸川区陸上競技場、秋葉台は秋葉台公園球技場、明大Gは明大八幡山グラウンド、菅平は菅平サニアパークM/C、筑波大Gは筑波大つくばグラウンド、敷島は群馬県立敷島公園サッカー・ラグビー場、上柚木は上柚木公園陸上競技場、たつのこFは茨城たつのこフィールド、ケーズデンキはケーズデンキスタジアム水戸、大和は神奈川大和スポーツセンター競技場、駒沢は駒沢オリンピック公園陸上競技場。