写真:ラケットを手にする斎藤工さん(写真左)と窪塚洋介さん(写真右)/提供:Indeed Japan株式会社

17日、Indeed JapanはCMシリーズの新作として、「卓球」篇の放映開始を発表した。このCMシリーズは、男女6人が日常の中で仕事や働き方について新しい発見や気づきを得るストーリーが展開していくというもの。

CMでは、斎藤工さん(たくみ)が働く卓球台のあるオシャレな職場に、昼休み中に窪塚洋介さん(ヨースケ)が遊びに来て、映画の名シーンを彷彿とさせるような躍動感のある卓球姿を披露している。

たくみのシュールさと、ヨースケの躍動感ある卓球姿に注目のCMだ。

窪塚洋介さんは17年ぶりの卓球姿を披露




写真:真剣な表情の窪塚洋介さん/提供:Indeed Japan株式会社

窪塚さんは2002年公開の映画「ピンポン」で主演を務めた経験もあり、卓球のイメージを持つ人も多いのではないだろうか。そんな窪塚さんだが、ラケットを握っての撮影は実に17年ぶりとのこと。




写真:窪塚洋介さん/提供:Indeed Japan株式会社

撮影前に「卓球できるかな~。一番苦手だ(笑)。球なし(CGを使った)ピンポンは得意なんだけどな(笑)」と監督と談笑し、窪塚さんの卓球姿を心待ちにしていたスタッフたちの笑いを誘った。本番になると窪塚さんは、自称“17 年ぶり”のダイナミックなサーブやスイングを披露。

カメラが回っていない時もサーブの素振りをしたり、フォームを確認したりするなど、ストイックな一面も。

窪塚さんと斎藤さんの貴重なラリーを是非チェックしてみてはいかがだろうか。

斎藤さん・窪塚さんへインタビュー




写真:斎藤工さん/提供:Indeed Japan株式会社

Q)「卓球」篇の撮影の感想を教えてください。
斎藤さん:Indeed らしい CM でしたね!卓球姿の窪塚さんを見られたのがめちゃくちゃ貴重でした。
窪塚さん:まぁ下手なんですけど(笑)
斎藤さん:でもやっぱり瞬間的に“この星の一等賞”を狙った男の片鱗がド正面で見れたのでラッキーでした。
窪塚さん:楽しい現場で良かったです!球はアウトでしたけどね。

Q) 窪塚さんは卓球のイメージを持つ人も多いですが、久しぶりに躍動感のある卓球姿を披露していかがでしたか?
窪塚さん:しっくりきているのかは分からないんですけど、だんだんやっているうちに思い出してきちゃって、声がデカくなってきたかなというのはありました。懐かしかった。あれぶり(17年ぶり)だったので懐かしかったです。
斎藤さん:もちろん何度も観ていて、最近も映画番組で取り上げた作品でした。窪塚さんは点ではなく、線の人です。
窪塚さん:グッと来るね。

文:ラリーズ編集部