16日、中山競馬場で行われた11R・セントライト記念(G2・3歳オープン・芝2200m)で1番人気、横山典弘騎乗、リオンリオン(牡3・栗東・松永幹夫)が快勝した。2馬身差の2着にサトノルークス(牡3・栗東・池江泰寿)、3着にザダル(牡3・美浦・大竹正博)が入った。勝ちタイムは2:11.5(重)。

 2番人気で勝浦正樹騎乗、ニシノデイジー(牡3・美浦・高木登)は、5着敗退。

【白井特別】サトノダムゼルがデビューから3戦3勝

ダービー以来の復帰戦を制する


 押し出される形で1番人気に支持されたリオンリオンが、ダービー以来の復帰戦を制して、重賞2勝目を飾った。ダービーでは横山武史騎手が騎乗し暴走気味の逃走劇で15着と大敗したが、復帰戦で安定した先行力を発揮し見事に勝利。鞍上も喜びの表情を見せた。

リオンリオン 10戦4勝
(牡3・栗東・松永幹夫)
父:ルーラーシップ
母:アゲヒバリ
母父:クロフネ
馬主:寺田千代乃
生産者:ノーザンファーム

【全着順】
1着 リオンリオン
2着 サトノルークス
3着 ザダル
4着 ルヴォルグ
5着 ニシノデイジー
6着 タガノディアマンテ
7着 サトノラディウス
8着 エターナルヴィテス
9着 ナイママ
10着 アトミックフォース
11着 メイショウテンゲン
12着 ミューチャリー
13着 シークレットラン
14着 オセアグレイト
15着 ランフォザローゼス
16着 エングレーバー
17着 モズベッロ
18着 マテリアルワールド