昨日の惜敗から一夜明け、心機一転臨んだ対明治大学2回戦。

春の明大戦で好投した坂口(4年/日比谷)を先発に送り込んだ。 坂口は立ち上がりを難なく抑えると、打線は2回表に先頭の青山(4年/広島学院)が安打で出塁、 岡(3年/小倉)の遊ゴロでランナーが入れ替わった後、エンドランを仕掛け、石元(3年/桐朋)がショートの頭上を越える安打を放つ。 チャンス到来かと思われたが、岡が二三塁間で転倒してしまい走塁死。 2回裏、先頭の和田に二塁打を浴びピンチとなる。 二ゴロで一死三塁となった後、遊ゴロで本塁アウトとし、無失点で切り抜けた。

3回裏、坂口がつかまり、市岡、添田に連続タイムリーを浴びるなど4失点。 直後の4回表、少しでも追い上げたいところで先頭の新堀(4年/麻布)が四球で出塁、パスボールで無死二塁のチャンスを迎える。 4回裏、坂口がノックアウトされ、ビハインドは6点に。 あとを受けた小宗(2年/私立武蔵)も、6回裏に2点を失ったところで降板、大久保(2年/湘南)がマウンドに上がる。 大久保は打者一巡をほぼ完ぺきに抑える好救援を見せた。

打線は、5回以降ランナーを一人も出すことができず、明大の投手陣を前に完璧に抑えられた。 次週の慶大戦も一戦必勝で勝利を目指す。