秋季リーグ戦開幕ゲームは、春の全国王者・明治大学と激突した。 東大・小林大(4年/横浜翠嵐)、明大・森下の両投手が先発マウンドに上がった。

東大は初回から連続死球でチャンスをつくるも、連続三振で得点ならず。 小林大はランナーを許しながらも、粘りのピッチングでスコアボードに0を並べる。 試合が動いたのは4回。石元(3年/桐朋)がライトポール際に飛び込むホームランを放ち先制に成功する。 小林大は5回表も無失点に抑え、前半を1-0のリードで折り返す。

整備を挟んで迎えた6回表、先頭添田に安打を許すと送りバントで一死二塁とされ、 森下に二塁打を許し同点に追いつかれる。ここで食い止めたいところだったが、 続く和田にも初球をレフト前に運ばれ、勝ち越しを許す。 追いつきたい東大は7回裏、石元と小林大が安打を放ち一死一三塁とすると、 ここで代打岡(3年/小倉)を打席に送る。しかし、三振に倒れ得点ならず。 8回裏も先頭新堀(4年/麻布)が安打で出塁、暴投も絡んで一死二塁のチャンスを迎える。 ここで、4番青山(4年/広島学院)が右中間を破る二塁打を放ち、試合を振り出しに戻す。 9回表も小林大が三者凡退に抑え、勝ち越しを待つ。 しかし、9回裏も三者凡退に終わり試合は延長戦へ突入する。

森下、小林大共に気迫のピッチングで10回、11回はともに三者凡退。 12回表、代打攻勢で一死一三塁とされると、公家の犠飛で勝ち越しを許してしまう。 その後も追加点を許し、2点を追って迎えた最終回、代打三人を送るも逆転ならず。 春の全国王者に挑んだ戦いは延長12回の激闘の末、惜しくも敗れた。